« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

●146分の1

●昨日の飲み会、盛り上がる。ベトナムの最新情報満載。同国の明るい未来を確信。これからもっと投資を増やそう。とりあえず、6月にベトナムツアーかな。

●株、絶好調! 今日、あまり日経平均は動かなかったが、持ち株は好調。セコムの下げだけはきついが・・・(でも、5600円で仕込んでいるので、利はまだ乗っている)。ACCESSが5%以上の値上がり。Sバンクも3%弱。アドバンストも3%強。最近、仕込んだアドアーズも連日好調。3%の値上がりだが、場中はもっと値上がりしていて、長い上ヒゲが出たのが気がかり。おお! YOZANも5%近い値上がり(売り損ねて、評価損を抱えているが)。 ♪

♪よ~ざん、よ~ざん、か~ぶかが高いのね、そ~よ、楽天も上がったのよ~

●いよいよセ・開幕 巨人12-2の快勝。ヒーローインタビューは、上原、イー、高橋。4人目に亀井をあげたい。名前はちょっと引っかかるが、おお、こいつ、オレと誕生日、いっしょじゃね~か! しかも23歳 生年月日一緒だ! 初回、3点目4点目のタイムリーも見事だが、その前、カウント2-3に持ち込んで12~3球粘ったところを評価したい。さらに、9点目のセンター前タイムリー。一瞬のスキをついて2塁を陥れたところもいい! 今年の巨人はやる! ただ、上原の初回の失点! ボークかぁ。ボークは「国際標準」にあわせて厳しく取るようになったが、俺は嫌いだ。揚足を取るとういうか、重箱の隅をつつくというか・・・。野球の本質から、はずれていね~か? ボークをとったのは、3塁塁審の橘高。コイツ、オレの記憶が正しければ、20年くらい前、「誤審」で江川の勝利を潰している! (対ヤクルト戦。打者、大杉で最後の1球、ストライク三振試合終了・・・のところをボールに判定して逆転負け。あの真ん中から外角に流れるカーブは、絶対ストライクだ!)

| コメント (0) | トラックバック (5)

2006年3月30日 (木)

●新刊、売って、また売って~♪

Img_0581 ●2年がかりの本がようやく完成。株取引の本質について語った本。「株式投資」というと、「ギャンブル」「後ろ暗い」というイメージがあるが、これは日本だけで、欧米と日本のお金に対する考え方の違いも説いている。そのあたりが、これまでの株本とは違う。  欧米では(外国では、という言い方は嫌いだが)小学校から株投資を教えている。 考え方はいろいろあるが・・・。日本では「清貧」が尊ばれるが、それも一つの考え方だ。「国家の品格」の著者は、「たかが経済ごとき」という言い方をしていたが、経済やお金のことはやっぱり大事だ。(ま、だいたい象牙の塔の住人は、経済を軽んじる傾向にあるなぁ) ホリエモンみたいに、命の次にお金が大事だとは思わないが。

♪新刊、売って~股売って~スッキリ、カッキリ、キンカンコン。

既刊新刊サケのカン~~~♪

●Hより電話あり。しばらく会っていないし、最近では電話だけ。最後に「今年の巨人は、どう?」と。きたなぁ(笑)。だいたいスポーツの結果を予想することなんざ、意味ないと思っているが、Hはそれを承知で聞いてくる。 今年は、まだ戦力分析をしてね~よ。いつもは、ドラフト直後と、開幕前にやっているが・・・。Hには「巨人が150勝でぶっちぎり優勝!」と言っておいた(150試合ないこと知って言っているが)  でも、根拠ないわけではない。  打線は平均 .324。調子悪いやつ、故障者が出ることを織り込んで、.319。これでも凄い。1試合平均得点が9.24。防御率は1.19。故障者等が出ても、1.21。負けるわけない・・・。今年は、荒川静香、金メダル、WBC世界一、Wカップでもいいところまで行って、最後は巨人のアジア№1。これで日本の景気回復も本格的。わっはっはっは。

●誤発注!   ・・・・・日経平均は大幅に上昇。でも、持ち株はそれ以上の上げ。しかも、売ったばかりの銘柄が、軒並み下げている。(買った人には悪いが、ニンマリ) 某証券会社の株価ボードの冒頭に、ACCSESS、セコム、ソフトバンク、アドバンスト・メディアを登録しているが、みんな上げ。ACCSESSは6%、Sバンクも6%近く、アドバンストは7%以上も値上がり。この4銘柄だけで30万円以上の利益(でも手放すつもりないなぁ)。  お!9株持っているグッドウィルは12%の上げ。 毎日、これだといい~。で、余裕ついでに、ライブドア株で、デイトレに挑戦(三原先生、ゴメンナサイ。株本を書いている以上、デイトレも少しはやっておかないと)  値動きを見ながら2:40ころ102円の指値で5000株買い注文。約定できたのが、2:50ころ。すぐに103円で売り注文を出そうとするが、時間もなく、焦ってなかなかキーボードで打ち込めない。「注文」を押しても、「値幅制限を超えています」の表示。なんじゃ~、時間ないし、こんな株、宵越しで持ちたくないし~と焦っていたら、4753のコード番号を4735で打ち込んでいた。104円、105円の値段をつけているのに~・・・ま、なんとかギリギリの時間で103円で売り抜けられた~。5000円の利益から往復の手数料(プラス消費税)1680円を引くと、3000円ちょっとの利益。~う~ん、デイトレは、やっぱオレには向かない。

| コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月28日 (火)

●中出し!

●横浜市長選、中田氏再選。ふ~ん、どーでもいいけど・・・でも、うちのPC,「なかだし」で変換すると、最初に、なぜか「中出し」って出てくるなぁ。

●7時過ぎ、ホロ酔い気分で帰宅途中。電車内でウトウトしていると、目の前に立っている女子高生の会話で目が覚める。(まどろんでいるときに女性の甲高い声って響くんだよ~おかげで寝過ごさずにすんだが)16歳と17歳、3サイズは・・・ま、それはいいとして、その会話が気になった。「今日、暖かかったね」「小春日和だね」 って、おい、小春日和、って言葉を知っているだけで感心したほうがいいのか? まぁ、言語の誤用は多いから。なにしろ昔、出版社に勤めていたころ、上司と歩いていて、本当に小春日和の時分に「小春日和ですね」って言ったら、「バカ、小春日和はこの季節じゃない」とか言われた。反論しようと思ったが、先輩が「カラスは白い」と言えば「うちの黒猫も白いです」というのが組織だから、何も言わなかった(いまだったら、「いや、うちのカラスは黄色いです」とか言うな)

そういえば、やはり会社勤めしていたとき、新入社員の面接官をやったときがあった。入社希望者で、大学で俳句をやっていたというヤツがいて、別の面接官が、「小春日和の季語は?」と質問。「春」という答えを期待しての質問なのに返ってきた答えが「夏」! 質問者も吹き出した。 インディアン・サマーと混同したか? あいつ、どうしてる?

現在、慣用的に使っている言語で、誤用から転用されたものも多い。いわゆる「言葉の乱れ」に関しては、目くじらを立てることはない(何しろ私は日本語を知らない。自慢じゃないが)。進化はそうやって行なわれるからだ。(生物の進化も、DNAのコピーミスから起こる。私はそう思っているが)  が~、嫌なこと思い出したぞ~何ヶ月か前、お天気お姉さん(だったか?)が、「五月晴れって、本当は梅雨の合間の晴れに使うんです」って、、本当も何もそうだろ! 何? 5月の晴れにも使う? まさかと思って辞書を引いたら、5月の晴れにも使うだと! アホンダラ~! 梅雨の合間の晴れだから、意味あるんじゃね~か。梅雨の合間の太陽のまぶしさ、夏の訪れを感じる日本人としての感覚が、五月晴れにあるじゃねぇか。5月の晴れにどんな意味がある? 4月晴れ、3月晴れでもいいじゃないか。じゃ、なにか五月雨は5月の雨か? 「五月雨をあつめてはやし最上川」とかなんとかいったバショーくんの句は、5月の雨か!? 責任者、出てこ~いい。「喧々諤々」して「汚名挽回」しろ!     ・・・お! 上海STVN放送のあのキャスター、復帰している~よかった~(名前、なんていうんだろ?)

| コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月27日 (月)

●昼ごはん。オリジン弁当。何日か前、「エビとブロッコImg_0579_4 リーのサラダ」のつもりで「玉子サラダ」を間違って買うという大失敗を犯す! わが人生4番目の大失態! で、今日はそのリベンジで、「エビとブロッコリーのサラダ」を買うが、エビばっかりを選りすぐってやった(笑)。写真では分らないが、底はエビばっかり(笑) 小心者ゆえ、お店の人にわからないように上に普通に玉子とブロッコリーを乗せたりして。このセコサと小心ぶりが、われながら好き!

●昨日はアルコールが入らなかったため熟睡。5時半に寝て、なんと起きたのが11時過ぎ。おかげで「サンデープロジェクト」で面白い企画をやっていたのに前半を見逃す。「公安」を取り上げていたが・・・。  オウム真理教事件のときは、他人のマンションに出入りするのに、駐車場を横切っただけで、「不法侵入」で別件逮捕もあった。恐るべし! 公安! ほかによく使われる手が、ホテルに宿泊したときに、偽名を使って記帳すると「有印私文書偽造」。ラブホテルで本名使うヤツいるかぁ。・・・で、フト思ったが、ペンネームや芸名を使うというのはどうだろう? オウムの麻原彰晃は、ニュースでは「麻原彰晃、こと松本ちづお」と言われているし・・・今度、弁護士に聞いておこう。    ・・・日本の公安も怖いが、外国(とくに某中国)はもっと怖い(もっとも縁がないが)。 外務省職員を自殺に追いやったし・・・よく使われている手だ。女性スパイと関係を持たせて、それをネタにゆすって情報を引き出す・・・かつて、元首相のHや最近ではT垣が、そんなニュースになった。  某新聞政治部記者に聞いた話だが、女性を関係をもった写真を取られている政治家その他がけっこう多いという。  親中派の政治家がやたら多く、不自然に肩を持っている輩が多いので、ある政治評論家に尋ねたところ、その人は親指と人差し指で○を作ったっけ・・・。 オンドレ~(ちなみにベルバラに出てくるのはアンドレ)、国賊ども!

●明日は、なんとか9時前に起きたい。 株が好調!   ダイオーズが、1550円の上値を抜いて1600円に! 900トビ台で900株、半年そこそこだから悪くない。明日売るか! 三菱レイヨンも、最近、値を上げている。もっとも、昔、塩漬けしたヤツで、さほど(保有期間を考慮すると)驚くほどの利益でもない。

| コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月25日 (土)

♪締め切り、来たぞ! 締め切り 来たぞ! 

キツイぞ~ イッヒッヒッヒ~~~~!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

●どうしてくれんだよ!

●「黒か白か」「「○か×か」「イエスかノーか」という二項対立、あるいは二元論でしか物事を考えられないヤツは嫌いだ。(この手のやつらは、たった一つの事象に普遍性も持たせたがる。自分の狭い体験で、世界を語るんじゃね~!)そういうヤツと話をするのは時間がもったいない。というより腹が立って、精神衛生上、よろしくない。世の中にはこの手のバカが多くて、テレビでもよくコメントしている。  国会中継でもよく出てくる。 ライブドア事件報道でも、あれだけホリエモンを持ち上げていたのに、手のひらを返すような報道。ま、これはしょうがない。でも、ホリエモンのすべてを否定するのはどうか、な、と。 こういうとき、オイラは思考するに当たって「恣意的」ということを割と基準にする。 言語にも恣意性というのがあって、「RED=赤」と決め付けるのはオレはおかしいと思う。赤といっても、その種類は無限にあり、赤とピンク、赤とオレンジ色の間には無限の色がある。 どこからどこまでが赤でどこからピンク色かということは、人それぞれだろう・・・。  あ~、ただ自分の行動なんかは「好き嫌い」で決めているな。それは、それで間違いないと思う。若年のときは「嫌い」でも我慢しなければならないときもあったろうが・・・。少なくとも「損得」での思考・行動だけはとらない。損得で動くヤツは、品性に欠けるから嫌いだ。

恣意性ということを急に意識したのは、そぉ、WBCだ。日本が優勝。ところが日本に2勝1敗と勝ち越しした韓国は面白くないだろう。 韓国マスコミもそのうように報道しているらしい。日本より多く勝って、負け数も少ないのに・・・。韓国の気持ちはよく分る。でも、日本の優勝だ。それも恥ずることない立派な優勝だ。  たとえば、日韓戦3試合を1試合27イニングとしよう。得点、失点からすると日本の勝ち。でも、これはやはりおかしい。1試合9イニングという「ルール」があるからだ。 そのルールは恣意的なものだ。1試合8イニングでもいいし、10イニングでもいい。9イニングにしたのは、いろいろ説があるが、恣意的なものにすぎない。 だったら、今回のWBCでの優勝の決め方も(恣意的な)「ルール」(いろいろ問題はあるが)に従っているだけだ。日本は、そのルールに従って優勝しただけだ。

●ミック・ジャガー日本公演。だからというわけじゃないが、肉じゃがを買った。それに合わせて(?)、ブロッコリーとエビのサラダを買った・・・つもりが、これ「玉子サラダ」じゃねえか! チキショー、似ているんだよ! コンタクトは嫌いだし、メガネ変えないと・・・

♪ブロッコリー~ ブロッコリー~もぉ~お~、ブロッコリー~ですかぁ~♪

●昨日は飲み会。男5人女5人。合コンなんだかどうかよく分らん。ベトナムの焼酎(しょっちゅう飲みたい)が効いた。インテリジェントウェイブを高値で売り抜けた話をした。ほかの2人はまだ持っているらしい? なんとなく、最近、高値で売れるようになった。その後、また上がるかもしれんが・・・・・。

●締め切り迫る! それも何冊も! 昔は、「締め切り間際の魔術師」なんて誰も言ってくれないから自分で言っていたけど、いつもなんとか急場をしのいでいた。単行本の仕事が多くなったせいもあるが、土壇場の踏ん張りがきかなく、いつも「泣き」が入る。ああ~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

●さくら、咲け

Img_0558 Img_0559_1 ●この子は、ひょっとしたら22世紀の世界を見るかもしれない。私もできるだけ長生きするが、私が見られない人類、日本を見るわけだ。うらやましい。

●王・ジャパンやった~。次は長嶋ジャパンで北京制覇。その前に、今年、Wカップがあった。ドイツまで行くかな~。

●墓参り。よ~く考えたら、無宗教、無神論の私のやるべきことじゃないな~。ま、そこは妥協ということで・・・・。「あなたは、神を信じますか?」とか、昔、声をかけられれいちいち腹立てていたなぁ。 でも、敬虔な信者というのは、じつに謙虚で人柄がいいケースが多い。だから、他人に教えを広めようとさえしなければ、あんたらが何を信じようとOKよ。  街頭で「神さまどこにいるの? いるなら、すぐここに連れてきて紹介してよ! 麻雀で勝負しようじゃないのよ」とか絡んだなぁ。「神は死にました」とか言っているスピーカー持っているヤツに「誰が死を見取ったの? 死亡診断書あんのかよ?」とも絡んだっけ。あんときゃ、酔ってたのね~。そういや何年か前、ある新興宗教(?)に奥さんが入信、旦那が止めさせようとその集会に乗り込んだとき、私も付き合ったときがあった。中華料理屋に集まった信者の人たちは、一言でいうと「純粋」。いわゆる「いい人たち」だった。   ただ、私とは相容れないな。 「神様がいるなら、ここに連れてきてください!」という私に「でも神様がいるのといないのとでは、いたと思うほうがいいでしょう」とか言い出す。「でも、それは神が実際にいることとは関係ないでしょ」と話がまったくかみ合わなかった。

●野球、世界一。明日の株式市場も盛り上がるかも。9時前にはなんとか起きるか。ACCESS買いまくるかな。100万株ほど・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

●ガンバレ! ニッポン

●日曜だが、・・先生とゲラ打ち合わせ。外国特派員クラブは元旦以外はオープンしているらしい。昼はランチの魚料理をごちそうになる。(ここの料理は、美味い!)仕事が終わったあと、カンパリソーダと白ワイン。つまみのチーズが最高。真昼間からの酒は、気持ちいいが、酔いもよく回る。   先生と話ししていて、活字になった史実が、いかにいいかげんなのが多いか実感。だいたい歴史なんてのは、強者(勝者)によって書かれるものだから。

●WBC ニッポン勝利おめでとう! というよりホッとした。韓国戦3連敗したどうしようかと。イチローの気迫、多くの日本人が学ぶべきでは・・・と思ったが、街頭インタビューなんか見ていたら、韓国戦2連敗に悔しい思いをしていた人はけっこういたんだ。「偏狭・排他的ナショナリズム」を育てないためにも健全なナショナリズムは大事。 あ~21日の決勝戦楽しみ~     ところで、思い出したが、自己チュー・アメリカは、自国内のプロ野球全米1位を決めるシリーズを「ワールド・シリーズ」と呼んでいる。アホか! それはまだいいとしても、そこで勝利したチームを「世界一」と呼んだ日本のマスコミがあった。目にしただけで、スポーツ誌1誌、タブロイド誌1誌、テレビで1番組。テメェラ、不見識を恥じろ!!

●ショック! 昨日、ある会合で、出席者のSさんに「太ったでしょ!?」。それも後姿を見て、そう思ったらしい。うわぁ~~明日からダイエット? ショック、ショック、クイズ・タ~イム・ショック! チチチ・・・「いま、何問目?」

●帰宅後、急に眠くなる。昼寝。ところが5時前に寝て、気がついたら8時半! よく寝た~と思ったら、スカパーの「闘牌伝説 アカギ」の第7話、とり損ねる! ヴぁ~大ショック ショック クイズ・タ~イムショック「ウマシカと書いて、何と読む?」

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月17日 (金)

●話がぜんぜん「目蒲線」

●昨日、ある会に出るため目黒線に乗る。目蒲線が目黒線に名称変更になったのを知ったのが数ヶ月前。そのときは飲み会だったが、むかし江口寿志のマンガで「話がぜんぜん目蒲線」というセリフがあったという話題に。私は意味が分らなかったが、K嬢(そのK嬢の結婚パーティだった!)が、「話がぜんぜん見えません、のシャレじゃないの?」と名回答をくれた。

●すでに小学校で、英語教育が普及しているニュースを知る。ブチ切れそうになる! 歴史的事実の評価や政策の評価には、時間がかかるものだが、これは失政になるだろう。(しかも相当の時間をかけなければ本当の評価は出ない) あの「ゆとり教育」などバカげたものは分りやすい。すでに評価は下っているが、導入されてかけているときから、「アホやってる」と宣言していた。もっとも、私が小学生だったら、喜んで受け入れた。くだらない学校の授業よりもっと有効に時間を使った自信はあるし~。

●歴史的評価で、「ゆとり教育」の是非ほど分りやすいものは稀だが、もう一つ分りやすいものがある。公共事業の、とくに「ハコモノ」というやつ。やはり昨日今日のニュースで、神戸空港(だったかな?)で、需要が事前予測を下回った、という内容があった。(酔っていたか、寝ぼけていたかでウロ覚え) 笑った。公共事業等で、需要予測に到達した例は最近では皆無だって。なにしろニーズがあるから作るわけでなく、公共事業やる、あるいは第三セクターで税金の無駄遣いすることが目的で、それを実現させるために需要予測をデッチ上げているんだから!    そういや、最近の(たぶん日経新聞)の記事で、量的緩和に関して、過去の日銀の金融政策を自ら検証することにおいて、日米の差を記述したものがあった。アメリカは(このアメリカは、こうだから、という言い方はすげぇー嫌い)、失敗を失敗と認めたうえで教訓としている、日銀は、言い訳に徹している、とうもの(だったかな?)だ。 ま~ねぇ・・・。

●「中国移動」最高益のニュース(ラッキー)。日経が中国企業の業績を取り上げる時代か・・・。チャイナモバイルは、かなり安いときに仕込んだ株。数倍になっている。昨日(おとといか?)、リクルートコスモス株、2000万株売却。1150円のほぼ高値圏。ラッキー。ただ、このあとが難しい。押し目で買うか、スルーか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ぶぁふぁふぁふぁ

●堀江容疑者起訴! のニュース。ふ~ん相変わらずホリエモンはヒニンしているようで・・・「ヒニンといえば、あ! コンド・・・」やめとこ、品がなくなる。       USENの支援ニュースがなければライブドア株でちょっと遊んだかも。今日も大幅上昇。・・・でも3月末に信用建ての名義書き換え料が1株につき50円徴収される。ということは、その前に信用会の投げ売りが発生するわけだ・・・また乱高下があるだろう。面白いな~~4月になったら、1回くらい遊んでみるか。    というか上場廃止になる前に1株は、絶対買う。1株買っても100円以下。そんなんで儲けられるわけないが、実は株券が欲しい。来年になったら、株券そのものがなくなるから。株ライターとして、本のなかで「株券とはこんなもの」という紹介する上で必要だ。  

ホリエモンには数回会っている。最初はある異業種交流会で講師にきたとき。エッヂのころで、長髪。なんか「異性人」のようで印象悪く、名刺交換すらしなかった。2度目は、近鉄買収騒ぎの前年末。取材だったが、「嫌なヤツ~」という印象。ぜったい友達にしたくないと思った。 ところが、近鉄買収騒ぎの直後に取材したときは、逆に応援したくなった。「旧体制の打破」に期待したからだ。(その期待は、実はいまでも残っている。でも嫌なヤツという印象は残って、会いたいとは思わない)  その直後ライブドア株を300トビ台で買った。ただ、やっぱりビジネスモデルが理解しにく400円ちょっとで売ってしまった。その後は、一度も買っていない。

●今日、何気なく国会中継見ちゃう。(仕事しながら) 最後、野党の質問で、いわゆる「サラ金」問題。その野党は、私が嫌っているところだが、少し感心。やっぱり「健全な野党」のチェック体制は必要なのかな、とも思う。(でもそこの幹部は終わっている)  

でも、そのあとに登場した野党の党首はいけね~よ(笑)。もともと終わっているところだが。最初にホリエモンの「小泉改革のおかげで、仕事がしやすくなった」という言葉を引き合いに出して、規制緩和の問題点を追及(しようとした)。 どういう頭の構造をしてるんだろう。 その直後に国会中継は終わったが、その後のニュースで知りえたところによると、「ライブドア事件で損失した投資家に国として補償しないのか」と迫ったらしい ぶゎははは。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

●タイ・カレー、おいし!

・・・先生と原稿の打ち合わせ。場所は外国特派員クラブ(電話すると、最初、英語で応対するからちょっと苦手)。ここは有楽町の電気ビルヂングにある。「ビルディング」でなく、「ビルヂング」というところに好感持てる。昼食時だったので、タイカレーを食べる。うまいんだな~これが。 ・・・ここは別世界の感あり。特派員ばかりで、周囲にはエラそうなおっさんばかり。 ただ、メディアに出る彼らの「アメリカでは・・・」とかいうコメントには、いつもムカッ腹を立てているが。  原稿で「戦後、日本は大きな国際紛争に直接巻き込まれることはなかった。ひとえに“平和憲法”と安保条約によるアメリカの庇護のおかげ・・・」とか書いたところに、先生がボソッと「これは書けないが、“これまで”中国と韓国に、日本を攻める力がなかったから・・・」。背筋が冷たくなった・・・・。「アメリカという国は、ダブルスタンダードで、自国の利益のためなら、前言を翻す」とかいう文言もあり。 日米関係は重要で、疎かにできないが、でも米国(というか外国は)信用できない。「お人好しニッポン」は、「性善説」に偏りすぎた外交を取りすぎてるんじゃないの? 金ばっか搾り取られて・・・そんな金あるんだったら、オレがもっと銀座で有効に使ってやるっての。

●WBC、日米決戦・・・アメちゃんやってくれんじゃないのよ~判定を覆すなんざ、どこの審判かと思ったらアメリカだって! 国際試合なら、中立国の審判を立てるべきだろ! と思ったら、審判全員アメリカ人だと! いや~笑わせてくれる。ジコチューもここまでくると・・・世界中で嫌われるわけ、理解できそう!   お~い、ブッシュく~ん、この決着は   麻雀でつけようじゃないのよ。ピン1-3でどう? サシウマつけてもいいぜ!

●映画「雨あがる」をTVで観る。そんな宮仕えがいいかね? フリーのほうが気楽よ! コ●キとフリーは三日やったら止められない!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

●睡眠障害だぁ

睡眠がかなり不規則。昨日寝た時間が、本日は起床時間になったりして・・・。で、今日は早く目覚めてしまった。日曜は、午前中はテレビがたまに面白かったりする。どこかのチャンネルで、『国家の品格』という本の著者が出ていた。  『小学生のときから英語を教えるのは、国家の滅亡につながる』といった趣旨の発言。拍手喝采(といっても拍手はしなかったが、激しく同意。今度本を読もう) 小学校の授業で英語を採用することが検討されているらしい。アホか! 大多数は、時間の無駄! もっと教えることがあるだろうに~。これまでずいぶん、英語を勉強させられたが、まぁ、ほかのことに時間を使いたかったな、と。アイ・ラヴ・ユーだけで世界、渡っていけるって(笑い)。(あとは、Blood Type of シュリンプ is ABくらいか) ・・・・だいたい言語は「手段」であって「目的」ではないはず。 エーゴさえしゃべれば、国際人になれると思っている輩が、乳幼児に英語を覚えさせようとするんじゃないかな。 「手段」と「目的」を取り違える人間は、私の嫌いなタイプだ。「憲法改正問題」でも、その違いが出る。法律は「手段」であって、「目的」ではない。「護憲」を口にするのは、まさに法律を「目的」にしている。だいたい、「改正されないことを前提とした法律は無効」というのが近代法の精神じゃなかったけ?(そういう話を聞いたことがある)。 さらに「憲法改正」=「軍拡」=「戦争準備 あるいは戦争」と決め付けているところが嫌だ。 ・・・・・・私は生きている間は、「日本人」であることに、徹底的にこだわる。たとえ日本を捨てて、世界のどこかへ行っても、日本人としてのアイデンティティは持ち続ける自信はある。死んだら、それからは解放されるだろうし、どうでもよくなるだろうが。中近東あたりの石油王の放蕩息子に生まれかわって、ハーレムの主になるかもしれないからだ。(といっても、輪廻転生なんて信じないが)

そのあとの政治番組で、「ちょっと違うだろう!」とつねづね感じている政党・政治家が出ていた。この政党は、地方自治体の職員の給与引き下げに反対していたが、「増税」にも徹底的に反対するといっている。 財源は、どうするつもりだろう? この前の選挙で「大企業からもっと多く税金をとればいい」という発言もあったなぁ。法人税なんか、ようやく世界水準くらいまで引き下げたんじゃなかったっけ? 税金を多く取られるようになれば、企業はどんどん国外に逃げて、外資も日本を敬遠するだろう。どうするつもりだ? ま、政権を担うつもりがないらしいから、無責任なんだろうが。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月10日 (金)

サンタモニカ!

ムック本『堅実に儲ける株入門』ができる。1週間後くらいの発売か? 今年、3冊目。今月はもう1冊、株本が出る。    ムックリ ムックリ ズンズンズン ムックリ むっくり ずんずんずん・・・ くっさ~の芽伸び~て・・・

『ジパング』第22巻購入!読んでる時間ないって! で、電車のなかで読破。

GWはサンフランシスコ、サンタモニカに行くかも。行けるかな? LOHAS10の取材兼ねて。OH!、わが心の故郷! シスコ!(行ったこたぁないが)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 8日 (水)

    

●ち○ちゃんより、たった今メールあり。牌の使い方の指示あり。仕事中だったが、思わず使ってしまう。図は、昨年の大三元を上がりそこねたときの手。12順目くらいにテンパイ。場に撥が1枚。南2局、手持ちの点数は1万点ちょっと。13順目、下家のN雲さんより「北」。見逃し。次順、やはり N雲さんより「北」。トイツ落とし。それをさらに見逃したあと、対面のT田女史より、「撥」! 同順で上がれないし、2枚目の撥なのでやむなくポン。最終的に「四萬」単騎待ち。上がれず。上家のN浜氏が、対面のT田女史に「5萬」を振る(親マン)。その回はけっきょくビリ。北で上がっていれば3倍満で、トップだった・・・。

そういえば、これは土曜日。前日の金夜、翌日の日も大三元をテンパイ。前日だけ上がる。振ったのは、作家で女優の高○○子先生。(スンません)。・・・でも、たまたま古いドラマ見ていたら、特別出演で主人公の昔の恋人役で出ていた高○さんはよかった~。

●セ・リーグでもプレーオフをやると。アホかぁ!!!! ペナントレースを制したチームが、日本シリーズに出られなくなる可能性あるやないか。訳わからんことやって。人気回復のため? 小手先の対策で人気が出るか! もっとも、巨人が全部勝ちゃいい!

●もう一人、アホがいた! TVニュースで。対テロのための避難訓練を小学生がやっているニュースで、どっかの学者か評論家が「非現実的なことのために、こんなことやって・・・外国人はみんな悪いみたいなことを子どもに刷り込む・・・よくない」みたいなこと言っていた。モノの見方にはいろいろあるし、いろんな意見もあっていいが、なんちゅうー危機意識のなさ。なにかい? じゃ、家にカギをかけて外出するのは、世間の人は、みんな盗人と教えるということかぁ。~‘~~~だぁ、腹立つ、いま、NHKの衛星放送で、アジアのニュースやっとるが、上海STVNで、私のお気に入りのキャスターが出ておらん(ここ数日)。ど~した~。春休みだけならいいが~~~~

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 6日 (月)

●ふ~ん、イナバウアーって、やっぱり人の名前だったんだ。イナ=バウアーさん、ドイツ人か。「稲葉」って人が、「ゥアー」って叫びながらのけぞっていたんじゃなかったんだ。そうだよな。

●今日、NHKの衛星放送で「コンバット!」の第一話放映。ヘンリー少尉とサンダース軍曹が、一人の女を取り合うエピソードあり。あとの展開から考えると信じられない話。

●量的緩和の解除が国会で議論されていた。すでに株式市場では、織り込み済みだと思うが・・・。金利上昇前に借金でもしておきて~。  って、何日か前に10億円もらって9億円無駄遣いすれば1億円できるって書いたら、やや二人に受けた。 でも、これには元ネタがある、断っておくが。 (おそらくアメリカの)古いジョークに、「百万長者になるコツ? 簡単さ、 まず億万長者になって船を買うことさ」ってのがあった。(ミリオネイヤとビリオネイヤというセリフから、英語圏のギャグだ。アングロサクソンは、つまんねージョークが好きだから)  で、一人、「あんなことをクライアントに言って大丈夫?」などと真顔で心配していた。ハハ、確かにつまんねーこと書きすぎたり、言い過ぎたりしたら、そのうち仕事なくなるかも。・・・でも、その子に言わなかったが、その後、さらに「暴言」がある。「10億が無理だったら100億円でもいい。99億円使うのは大変だけど」   10億も100億も感覚的にはたいして変わらない。が、あとでなんで「110億円」といわなかったた後悔。110億円だったら1週間の月旅行へ行けるんだよ! (ただ食事つきかどうか未確認)

| コメント (0) | トラックバック (1)

●お世話になっている編集者が新刊の宣伝してくれとのこと。タイトルは『あわわわっ』(かもでぎきち イースト・プレス刊)パチンコ本で、ブログを元に本にしたらしい。小生、パチンコは分らないが・・・

古本屋で『格闘探偵団』3、4巻『ヤング島耕作』4巻 購入。時間がないのに読んでしまう。

●相変わらず、ホリエモンのメール問題をテレビが取り上げている。当方も職業柄、怪文書や怪情報、裏ネタの類は山ほど入ってくる。しかし、今度のは程度低すぎ~~。怪メールも偽造と呼ぶにはちゃっちいし。作成者も、これだけ大騒ぎになるとは思っていねんじゃね~の(笑)。問題は、ナガタくんが、なんで引っかかってしまったか。ど~でもいいけど・・・「陰謀史観」ってけっこう好き。怪情報の真偽を判断する基準はいくつかあるが、いちばん分りやすいのは、その情報をもたらした「ネタ元」あるいは「仲介者」の人柄、それと相手の立場(なぜ、相手が、このネタをこっちに提供したか?)。こんな単純なことだが、この判断の精度は高い。(もちろん裁判の証拠とはまったく違う判断基準)  もちろんこれだけで100%信じることはなく、傍証はとるが・・・・相手を見る目は結構重要だ。

●相手を信じるってけっこう大事なことだ。  「つね亭」の伝説で、マージャン面子は「耳からタコが出るほど」聞かされているが、T淵氏の「遅刻言い訳事件」がある。1時の約束時間になってもこないところで、T淵氏よりTEL。「あ、ヤスツネくん。いま鷺宮だけど、接触事故で電車が止まって。あ、いま担架が来た!」 ほかもメンツ2人も「うそだ~」と大笑い。念のため、104に聞いて西武新宿駅と鷺宮駅に電話してみると「電車は、ちゃんと動いていますよ」。   その夜、共通の知り合いのY田氏と電話でその話題で大ウケ。 で、翌日のこと。 Y田氏の事務所で飲み会、出版社の社長を紹介するからといわれ、9時半の約束。ところが、飯田橋の駅で有楽町線に乗り換えしようとしたら、事故で電車が止まってやんの~!  「電車が止まっていた」という遅刻の言い訳も、最初は信じてもらえなかった      やっぱり、人は信じよう。T淵氏から電話があったとき、「どうせウソつきだから」と信じればよかったのに、ひょっとしたら「本当かもしれない」と少しでも疑った私が悪かった!


| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 5日 (日)

17日。飲み会

2月2日の飲み会でお話しいただいた日本ケアフィットサービスより交流会の案内。その前にIT技術の数々を見せていただくことになる。2日に参加した人の参加募集。

3日のSMの女王様をお招きしての飲み会、盛り上がる。20人のうち半数は女性。2次会にいたっては、ほとんど女の子ばかりだったんじゃないかな。   ベトナムから一時帰郷している在留邦人と月曜日に会う約束。・・・・あ~楽しみ。    中国H株、チャイナレアアースを1,19香港ドルで120万株買付け。 中国株は、ここんところ絶好調。ウォーレン・バフェット君に関する本を脱稿(脱肛じゃないよ~)したばかりだが、彼は数年前にペトロチャイナを買っている。私は、その前に、おそらくバフェット君が買い付けた価格のおそらく3分の1以下で仕込んでいた。 ま、そのニュースで、しばらく中国株をホールド継続を決めたのだが・・・・ バフェット君が世界2位の資産家なら、オレぁ、胃酸過多だ~!

本日の戦績。負け。メンツはN浜、Y口、T田。唯一トップをとった半チャンで珍しいことが。親のT田女史が、第1打でイーソウを切った第2順目。ツモッたまましばらくフリーズ。「あ~つもっちゃった」と上がり宣言。配牌でテンパイしていたのに気がつかなかったのだ。ツモ、ピンフ、ドラ1。1300オール。Wリーチをかけていたら、Wリー、一発、ツモ、ピンフ、ドラ2で6000オール。Y口さんが飛んで、私はトップを取れていなかった(笑)

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 2日 (木)

●1億円を確実に作る方法!

●某出版社より、非公式に「株でも何でもいいから、『1億円を作る方法』の本できないか?」(ひょっとしたら出版されるかもしれないでの詳細はいえない オレは多分やらんが)という打診あり。誰か実践している人間を取材するわけでなく、「そんなの無理。1億円できたら、本なんか作っていね~よ~」と返事。そのあと、いい方法を思いつき、電話。「一つだけあったよ! オレに10億円くれ! 9億円を無駄遣いすれば、すぐに1億円できる」

●その後「週刊S●●!」の記者をやっているTさんより電話。(まだ発売前だから詳細はいえないが)預金通帳を公開してくれという。なんでも「お金持ちの通帳」を集めるとか。笑った。正直に預金の残高を答えたら、Tさん絶句!!!! 同業者だから、ある程度は想像つくだろうに・・・と思ったら、株をやっているから金持っていると思ったらしい。無駄遣いするから、預金口座に5桁どころか4桁のことも多い。ちなみに定期預金ナシ。

●雑誌やTVから取材の申し込みがたま~にあるが、テキトーにつけて忘れてしまったペンネームでの申し込みのケースも多く、最初、間違い電話と思ってしまう。(そういえば、間違い?電話が多かったなぁ)電話番号を教える出版社も、「ペンネームです」と教えてやればいいのに、と思うが取材を受けなくてすんだことも思えば、それもいいか。でも、出版社に「テキトーに名前つけておいてよ」といってそのまま忘れている本もいくつかある。タイトル名も定かでないので、永久に思い出せないかもしれない。そのうち自分で書いた本を知らない買って読んで「つまらね~」なんて…

あぁ、原稿山ほど・・・。「締切守」なんてペンネーム、つけるか。それより、「オソ恒おそむ」なんていいかも。

●昨日、いやおととい? 飲み会というか合コンというか・・・ 1月の「合コン」の続編。すっちーのTさんの「合コンやって!」の続編だが、今回もフライトかなにかでNG? ♂メンツにすっちー来るかも、といって一人だけ。  英語のT先生が、なぜか「レインボーマン」の話題を出す。そこから「差別用語」に話題転換。「巨人の星」で、「うちの父は日本一の日やとい●夫」という名セリフが、消されていたという話題に。(予断だが、この名セリフはサブタイトルにもなっていたが、スカパーでは「日本一の父、一徹」に変わっていた!)その「人●」という言葉が、いまの学生には通じず、「妊婦」とカン違いされたという話題に・・・ それにして ま、いいや、眠いから寝る。

| コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »