« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

●中洲~~~

中洲、というか福岡出張。連夜で中洲(男はナカスと読むが、女はナカズ、と読むらしい)へ・・・。著者のTさんは、イトコでナイスガイだ。そのTさんとYさんの会話。「今日は、どこの国へ行く?」 ~~おお!国際都市、福岡、流石。  福岡のクラブは、まぁ、東京に比べ、料金がお手ごろでいい。地元にいたら、毎日通えるかぁ(笑) 二日続けて、博多ラーメン。1杯290円。めちゃ安。ただ、最近、糖尿病を心配して、食を減らすようにしているのに、替え玉まで・・・・ 

帰京してすぐ麻雀。ショッパナにリーチ、一発、ツモ、四暗刻。(赤入り、タンヤウつき 笑)。チップ7枚オール。 その日、大勝ち~プラス6万近く ラッキー 

| コメント (0) | トラックバック (5)

2006年5月25日 (木)

●回転すし!!!!!

●まねっくすの松●大社長取材。非凡な人の話は、面白い。

飲み会があったが、多忙のため参加できず。残念! で、夕方、小腹がすいたので、たまたま通りがかった回転すし屋へ。時間がないときなど、よく回転すしに入るが、店によっては、回転すしとバカにできない店もある。 ま、今日のところはそこそこ。 ところが! ネタの補給で板さんが「ガレージ」という符牒を使ったではないか! この符牒を使っている店に遭遇したのは2軒目! 感動のあまり表彰してやりたいくらいだ!

昔、シャコと注文するとき「ガレージ」とよく言っていた。ところが、ある事件以来、封印している。 銀座のすし屋で、アフターとか同伴でよく使っていたところで、(テレビで「ビフォー・アフター」ってあったけど、同伴とかアフターを連想したのはオレだけ?)、オヤジギャグばかり飛ばしていた。・・・ところが、ワンパターンで、「ガレージ」というつもりで、「シャコ」って言ってしまった! ついつい、元の言葉がシャコかガレージか、混同しちゃったんだ。(あれ? 反応ない?)と思った瞬間気がついたけど、もう遅い・・・。くっそ~だいたいオレは、シャコ嫌いなんだよ! ガレージって言うギャグのためだけに、注文してのに!!! あ~腹立つ!

●経団連の会長に、御手洗クン就任。そのスピーチで、「イノベーション」(イノベートだったか?)という言葉が出る。 日本語使ってくれ~~~

| コメント (0) | トラックバック (7)

2006年5月23日 (火)

●締め切りと締め切りがやってきた!

●今日、取材のあと、通りかかった理髪店で髪をカット! これでしばらくは髪の毛を切るチャンスはないだろう・・・海外でよくカットしてもらうから、次はアラスカ(行けるんかな?)かベトナムでカットかな・・・。10分1000円・・・この慌しさは悲しくなる。むかし、床屋というと、ゆっくり待って、ノンビリ調髪してもらったもんだが。あの贅沢な時間の過ごし方は、しばらくできないだろう・・・1000円のカットは、料金としては安いが、10分という時間からすると、割高。つまり、時間をお金で買っているようなもんだ・・・あぁ~時間貧乏は嫌だよ~~。   

●最近は12時前に寝て、朝早く起きるような習慣になっている。いつまで続くか・・・週末は、中洲・・・ふふふ・・・     その前に、いつの間にか片付けなければならない仕事が山積。この間3冊終えたばかりだというのに!

●明日は「巨人の星」の最終回。息詰るクライマックスは、何度見ても緊張する。

| コメント (0) | トラックバック (7)

2006年5月16日 (火)

●今年、後半は仕事しない!

●3冊同時に仕事を終える! あ~今年はまだ半分も終わっていないのにけっこう本を出すことになる・・・もう、今年後半は、あまり仕事しないようにしようかぁ。   あと7冊作ることになっていいるが、うち1冊はゲラまで進行しているし、3冊は著者がいて、みんな書いてもらうから、のんびりできそう・・・

●でぇ~~い! オレの前で、5月に「五月晴れ」という言葉を遣うなぁ~~某チャンネルのキャスター! といっても、今は誤用ではないから、文句をつけようがないが・・・それにY子チャンはお気に入りだから許そう

でも、豪華客船のニュースで、「この船の長さは、エンパイヤステートビルを横にしたときとほぼ同じ」とか、訳わかんないコメント出すな! それを受けて「ひえ~、そうなんですか!」と驚いた女子アナ、お前、エンパイアステートビルを横にした長さ、知ってるんか? 言ったヤツ、エンパイアステートビルを横にしたことあんのか? 意味ない「たとえ」は、嫌いだ! よく「今年国内で消費されたビールの量は霞ヶ関ビル、何杯分」とか「ここの広さは東京ドームが〇つ、すっぽり入ります」とか喩えが出るが・・・。ぜんぜんピンと来ないぞ!    小島さんの借金100億円を某キャスターが、「1万札にして縦に並べると、大船だったか大磯だったかまでの距離になる」と喩えたが、これは、物すごいことだけはよく分かる。10万円分を縦に並べても、1Mちょっとしかならないからなぁ・・・

●デジタルアーツの(美人)広報の話を聞く飲み会、ほぼ決定! 楽しみ、楽しみ。

| コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月14日 (日)

●役満2発!


●金夜 新宿での飲み会に参加 久しぶりのメンバーにも会う。なぜか若い女性が多かったとの声多し。

日、久しぶりに麻雀。なにしろ仕事でテンパイ続きで久しぶり。で、上の図は、前回、面前で小四喜を上がったときのテンパイ形。(オーラスでトップとは1万4000点ほどの差)配牌では西と北がトイツで、東と南は1枚ずつ。3、4、5萬があるだけで、ヒドイ配牌だった。そうしているうちに西北を暗刻に。東をトイツにして、さらに白をトイツにしてテンパイ。しかし、そこではテンパイを採らずに、白を落とす。ところがトイメンからリーチ。目いっぱい突っ張り、東が出ればポンする態勢をとるが、そのまえに南をトイツ。何しろ場には4風牌は1枚も出ていない・・・が親のT田女史より東が切り出される!

その日、国士無双をO竹氏から上がる(北牌)。

| コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月11日 (木)

●UFOは存在しない?

●風邪引いた~~、身体だるいし、歯痛も。この歯痛は蓄積疲労と睡眠障害が原因だ~

●英国国防省の発表で「UFOは存在しない」! ぶぁふぁふぁふぁ~大笑い。まず、瑣末な問題として「UFO」という言葉は、日本語に訳すと「未確認飛行物体」。つまり飛んでいる物体の正体が分からなければ、それは立派な「UFO」になる! たとえば屋上から、皿を投げてそれを写真に撮ると「空飛ぶ円盤」の写真ができる(昔よく流行ったインチキ写真)。それが「皿」と確認できなければ、UFOだ。 ま、日本のメディアが勝手にUFOという言葉を使っているのだろう。

●英国国防省の言わんとしていることは、「宇宙人の飛来」を柱とする、人為的な飛行物体のことだろう。英国国防省もヒマだな~。たいていの「UFO写真」は自然現象が原因であることは、よく言われていた。  まして宇宙人?いるなら連れて来い! 麻雀で勝負してやる!    ど~でもいいけど、許せんのは、必要以上に騒ぎ立てて、それを商売にしている輩がいること。 明らかなインチキ写真を、もっともらしい解説をつけてウンチクを傾ける奴ら、さっさと退場!

| コメント (0) | トラックバック (4)

2006年5月 7日 (日)

●ロサンゼルス サンタモニカ サンフランシスコ

Img_0914ロサンゼルス・サンタモニカ
サンフランシスコの旅_010_1 (ミュアウッド森林公園視察 GLEN Canyon Park視察 Lohas10フォーラム Bonnie Sherk女史会食

Peter Berg氏会食)

●駆け込み乗車

 うわ~飛行機の駆け込み乗車は始めての経験。余裕の待ち合わせだったがGW前ということもあって受付カウンター前は長蛇の列。・・・で、航空会社の受付レディは、焦りまくり。航空会社はアメリカ企業で、時間きっかりになると、乗っていない乗客がいようと、扉を閉めるという。しかも、搭乗口が一番遠いところにあるではないか! おれ、5日前に右ふくらはぎの肉離れを起こしたというのに! しかし、なんとか扉が閉まる2分前に飛び乗る! (でも、実際に飛び立つまでもう少し時間かかったぞ! )

●笑う指紋

 アメリカの入国審査は、テロ対策もあってか、時間をとられる。いいかげん、イライラしていた。でも、担当はナイスガイで好感持てる。 指紋撮影には、抵抗感があったが。「オレだけ、今度から顔パスにしてくれよ~」と頼むが、言葉通じず。指紋の撮影のとき、「チーズ」と言うと、なぜか担当アメリカ人が笑いをこらえる。「あれ? 通じるのか?」と疑問に思ったら、撮影のときの「チーズ」というセリフは、もともと英語(?)から来ているらしい。(ま、オレもそうじゃないかと、思ったんだ!) ……今度は「1タス1はニー」って言ってやろう。

●サンフランシスコで、移住民規制反対のデモに遭遇! 思わず血が熱くなり、飛んで見物に行く。最初は沿道で見ていたが、写真を取り出し、とうとうデモの行進に参加してしまった。 おそらくスペイン語であろう、シュプレヒコールを意味も分からず叫ぶ。(この規制はいろいろな問題をはらんで一概にはいえないが、彼らの心情はよく分かる) シュプレヒコールの意味が「われわれは、やればできるんだ!」という意味らしい。 いい言葉ではないか! 日本のデモみたいに、特定の利益団体の権益確保のためのデモとはエライ違いのような気も(ま、オレは単純だから)。

写真のメモリーがすぐになくなり、あわててCDに落とそうと、写真屋を探しに、足を引きすりながら駆け回る。(あ~デモがいっちゃうよ~)でも、1時間やそこらでは、デモの列は絶えることはなかった。

(↑スペースがないので、残りは旅行記に。ま、早い話が、エロジジーがエコロジーに目覚めたことか。 でも、目の前で航空機の扉がしまった恐怖は、ロスで味わう!)

| コメント (0) | トラックバック (5)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »