« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月24日 (土)

●愚か者は首相をやってはいけない

●いよいよ鳩ポッポ内閣が、煮詰まってきたな。Xデーも間近か。  ポスト鳩山が問題だが、こじれた普天間基地問題をどう解決するか。ここまでこじれたのは、民主党政権の責任。日米安保に亀裂を生まないことだけは切に願う。

●亀井クンの、郵政改革はいただけない。国民新党の支持率ゼロもうなづける。天下り官僚を社長に据えて、歪んだ官制金融がまかり通れば、民業圧迫だけでなく、無駄な財政出動も増えかねない。 時代錯誤の政策は止めてほしい。亀井クンは小泉・竹中に対する怨念だけで政治をやっているんじゃないかという気さえする。

●新党が雨後のタケノコのごとく誕生。いろいろキレイごとを言っているがな~~。このままいけがオレは「みんな」を支持することになるだろう。

●事業仕分け。とことんやって欲しいが、独立行政法人を閉鎖させる代わりに、管轄の官庁に吸収させるのでは、という恐ろしいシナリオをどこかで見た。官僚の焼け太りだけは許すなよ~~。

●民主の小沢クンは、逸材であることは誰も否定しないだろう。一度は首相したい気もしないではない。だが、今はまったく支持しない。永住外国人に地方参政権を与えるなどととんでもない政策もそうだが。   民主では前原クン野田クンあたりに期待したい。 岡田クンも悪くないと思ったが、「韓国の竹島不法占拠」に対し「不法占拠」という言葉は使わないそうだ。アホか! 不法占拠という言葉を使って余計な摩擦を起こさないためとあアホなことを言っているが、そもそも摩擦の元凶を作っているのはアッチではないか!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

●おバカな夢

●ウチのカミさんは、どこか常人と違った頭の構造をしている。よく、見た夢の話を聞かせてくれるが、それがちょっと変。 もともと夢の世界は、空間も時間も歪んでいるが、どこか陰鬱な雰囲気が多い。 ところがカミさんのソレは、「能天気」。 夜、「グエグエ」などといびきにしては変な声を唐突に上げ出したので、オレは心配になってベッドに近寄って様子を見た。フッと目を開けて「カエルの合唱コンクールに出た」とか、つぶやく。 

●今度はケニアで、カツアゲに遭遇した夢を見たという。黙って聞いていたが、そこにオレがいて、「おやじギャグを言うからそれでカンベンしてくれ」といったらしい。それでも盗賊たちは現金じゃなきゃダメだという。  オレはその話を聞いてマジで切れた。  「おんどれ! そいつら、ここに連れてこい!!」

| コメント (0) | トラックバック (0)

●アースデー

●土曜、アースデーに行く。 代々木公園は、翌日に比べればまだ少なかったそうだが、それでも賑わっていた。カミさんのショップはけっこう大きかった。 環境に対する考え方はいいとしても、ま、環境を商売にしている側面もあるだろう(ショップを出している人間が言っているくらいだから)

●アースデーのあと、時間がないため、原宿の回転寿司店へ。驚いたことに客の8割以上が外国人。左隣が中国人だったため、9割以上になったかも。面白いのは右隣のヨーロッパ人のお姉さんたちが、100円台の安い寿司ばかり食べているのに対し、中国人たちは400円台、500円台の皿を積み重ねていたことだ。

●午後、ある地方自治体の首長の話を聞く。元キャリア官僚だが、それらしさを感じさせない好青年。残念ながら国政には興味ないとか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

●新党と民主党に期待すること

●新党結成がブーム。しかし、いまの新党にはあまり期待できそうにない。かといって既成の政党にはもっと期待できない。はやく政界再編を。

●いまの動きは、昨年の選挙後から予測できたこと。ただ、オレはせっかちだからもっと早く、年内くらいに起こると思っていた。そして政界再編・・・だが、いまのままでは夏の参院選後か・・

●もともと民主党にはあまり期待していなかったが、それにしてもひど過ぎる。唯一、事業仕分けだけはしっかりして欲しい。ポスト民主党でも、その流れが引き継がれるようにしてもらいたいものだ。

●いまの基地問題も、素人が傍目で見ていてもなさけない。アメリカもさぞ、呆れていることだろう。内政に関しては、「過渡期の混乱」で少しくらいなら我慢できるかもしれないが、外交に関しては待ったなし。  5月の鳩山退陣のあとが、どうなるか。 岡田くん、前原くん、あたりならいいが。

●なんとしても、参院選後に政界再編を! そのためには、民主党に過半数をとらせたくはない。いまの連立与党3党でも過半数をとらせたくない。政界再編は、第一党である民主党も割れなければ意味はない。

| コメント (1) | トラックバック (0)

●坂本、グランドスラム

●対阪神戦。 0-1のビハインドで息詰まるような展開で、出た! 坂本のグランドスラム。その回でピンチヒッターを出された内海にも勝利をもたらす貴重な一打。

この逆転による一勝は大きい。第一戦、第2戦の負け方がよくなかっただけに・・・(とくに第一戦! 怒り心頭で暴れまくったぜ・・・) シーズンが終わったとき「あの一勝が」ということになるかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

●草食系国民

●新党ブーム。 「たちあがれ日本」、か。 自主憲法制定はいい。  が、財政再建を消費税アップのみに依存しているのが気に食わない。「みんなの党」のように公務員改革とかが先決だろう。  しかも郵政改革には後ろ向きだし。

民主党は、完全に改革路線を転換したしな~

●幼児虐待の悲惨なニュースが多い。その親も可哀そうな人生を歩んでいる(同情はせんが)と思うとやりきれない  ・・・が、最近、ある恐ろしい仮説が頭に浮かぶ。  これは「神の意志」つまり自然淘汰の変形ではないか。

日本列島には、人間が1億個体以上がひしめき合う。が、野生の大型哺乳動物は、100万頭以上いるのが、ごくまれ(猿がそうか?)で、クマやシカなどは十数万頭レベルだったんじゃないか? 明らかに人類の存在は、バブルだ。 日本は明治以降、爆発的に人口が増えたが、人類史上では、18世紀の産業革命以降だという。  でも、人類のバブルは、おそらく人類が「火」を手にしたときか、あるいは「手」で道具を持つようになってからだろう。

●最近、ロシアかどこかで、旧人類の骨が見つかったそうな。ネアンデルタール人とかいっしょで、人類の祖先とかではなく、どこかでホモ・サピエンス・サピエンス(現代人)と別れた「種」らしい。

では、ネアンデルタール人や、その他、ヒト科の種がなぜ、絶滅したか?  ま、ホモ・サピエンス・サピエンス以外のホモ属に感染したウイルスがいたかもいれない。  でも、ホモ・サピエンス・サピエンスが他種族を攻め滅ぼしたのだろう。オレはこの仮説に3000点賭ける。   昔、どこかの文献で、草食だったネアンデルタール人(ホモ・サピエンス・ネアンデルタレンシス)の骨に、争いでついたと思われる傷があったとか。それを見つけた学者が「草食だったネアンデルタール人の間では、争いごとはないと思われていた。驚きだ」 。そのコメントを見て大笑い。  学者の専門バカぶりを見た思い。  草食だから、確かにほかの動物を襲うことはぬても、同種属の間で縄張り争いくらいはあるだろう。  いや、もっと考えを深めて、ネアンデルタール人に争う「血」は流れていなかったとしよう。  ほかの種族、つまりホモ・サピエンス・サピエンスがネアンデルタール人を一方的に攻め滅ぼしたんだろう。

この先、人類がどういう道を歩むか? ま、楽しみ。肉食獣のアングロサクソンに対し、草食系の日本人がどう立ち向かうか・・・  

| コメント (0) | トラックバック (0)

●巨人快勝!

中日との2回戦。8回までは、4-3の接戦。とくに8回に一点差まで追い上げられたときは、緊張感は最高潮。   山口をリリーフしたのは越智。ここで原監督はミスを犯した。越智の打順をそのまま9番のピッチャーに置いたことだ。原監督は、ラミレスを変えて、そこに越智を入れ、9番には野手を置くべきだったと。

これが意外に大きな意味を持ってきた。1点差のまま迎えた8回裏の巨人の攻撃。5番からの阿部の攻撃。たちまち2死となってこのまま1点差で9回の攻防を迎えるものと思われた。

ところが高橋がヒットで出塁。「越智にピンチヒッターはない」と読んだ中日ベンチはエドガーを敬遠。 そこからドラマが。  なんと越智がプロ入り初安打となる2点タイムリー2塁打。さらに打線がつながりラミレスの満塁本塁打!  歴史や勝負事にタラレバはないが、9番に越智ではなく、野手を入れていたら結果はどうなっていたか、分からない。少なくとも、越智を9回に投げさせず、温存できたのは大きい。可哀そうなのが、1イニングに2つアウトになった阿部(笑い

先発で初めて勝利投手になった山口にもいい結果だった。  ただ、またしばらくは、山口がリリーフに回るらしい。 クルーンが登録抹消が痛い。 あと、グライシンガー、オビスポの復帰も待たれる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

●キムタク、逝く

●訃報。 巨人の木村コーチが逝去。 まだ、37歳。若すぎる! 小柄な身体で、必死なプレーが印象的だった。 いぶし銀という表現がぴったりだった。 合掌

●なぜか、仕事の関係でアキバによく行く。 で、ランチを回転寿司で。 ま、小腹が空いた程度だから、回転寿司がちょうどいい。 中に入ると、結構込んでいた。両サイドは、外国人カップル。嫌な予感がしたが、案の定「キャン ユー スピーク イングリッシュ?」と来た。俺はニコやかに「そーりー、あい きゃんと すぴーく いんぐりしゅ」と答えた。向こうも納得とばかりに笑っていた。 (慣れているんだろうな)   しばらくして気の毒になったので「めい あい へるぷ ゆー」  「ツナ」というからマグロを食べたいのだろう。いろいろ聞いて「中トロ」が欲しいようだ。替りに板さんに「中トロ」を注文したが、まだ仕込み中だという。「仕込中」って英語でなんて言うんだ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

●花見バーベキュー

2010_0403_142921img_5827 ●けっきょく、きょうも花見だった。しかも、今週はバーベキュー。人数もおそらく30人を超えた・・・。大いに盛り上がった。 用意した大量の肉(オーストラリア産牛肉だけはパス)もあっという間に、消費。

。明奈、今日はテンションが低かったな。ただ、友達があらわれてから、急に元気になった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »