« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

●徹底抗戦

●お~の~れ~    巨人が、V逸などと抜かす「反巨人分子」の流言ヒ語が飛び交っているな~許せん、徹底抗戦だ~~

気分悪いから、当分、引きこもる。「反巨人」の奴らと同じ空気は吸いたくない!

で、このあいだ、仕事一本、断ってしまった。大阪出張だったからな~  この前の四国出張は前々から決まっていたから仕方ない。名古屋と新大阪に新幹線が止まっている間は、できるだけ息をしなかったが。

●翔一郎は、泣き虫だ。というか、明奈のほうが、手がかからなかったのか。 まず、抱っこしていないと、ビービー泣く。そしてオムツが少しでも汚れていると、またビービー。明奈なんか、オムツからはみ出していても、すました顔をしていたが。

●中国が軟化してきただと、ダマされるなよ~~。

少しずつ概要が分かってきたが、前原くん、岡田くんは強硬派だったらしい。が、KANが、「なんとかしろ(=釈放しろ)」という意向だったとか。売国奴め。

テレビの報道ぶりがおかしい。 中国の強硬姿勢が読めなかったのか、という批判につづいて、船長を逮捕すべきではなかったという論調。これまで日本の領海内で漁業を見逃して、しかも「領海外への退去命令」だけですませた軟弱ぶりが、この事態を招いているではないか。

日本が「船長釈放」という最後のカードを早く切り過ぎた、という意見がある。そんなことはない、まだまだカードはある。 中国の侵略の手口(漁船→次に調査船→最後に軍艦)に対し、その逆をやればいい。 いきなり尖閣に自衛隊常駐だと、中国を刺激しすぎる。最初は、与那国あたりに自衛隊駐屯。次に、尖閣近海で、日米合同演習、で、最後に尖閣に自衛隊常駐。(ま、日米合同演習だけでも、そうとうスッタモンダあるだろうが)

まだ、カードはある。 「日本国憲法改正」。もちろん九条中心に改正。やらなくても、国内で論議するだけでいい。におわせるだけで中国は、嫌がるだろう。

次に核武装。ま、これはやらないほうがいいが。

●最近の自衛隊の事情は分からない。  10数年前、自衛隊幹部と飲んだ時。 オレは「冷戦時代の名残で、北海道に陸上自衛隊が多すぎないか」と指摘した。その幹部(広報担当だったが)は、「確かにその通り。いまは中国が仮想敵国。いずれ西日本に展開する」といっていたが、そうなったのか疑問だ。

今日のテレビ。北朝鮮の動向を伝えたあと、「北朝鮮を抑えるには、中国の力が必要だから・・・」などという寸評があった。アホか! 北朝鮮とは、拉致問題があるが、あと怖いのは核ミサイルぐらいなもの。 それより中国のほうが、よほど脅威じゃないか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

●チャイナ・リスクが世間にようやく認知されてきたようだ。中国は、まともな国家ではない。

日テレで腹立つ論調。 前原クンが出演していたが、「船長逮捕でよかったか」主旨の質問。質問者は、「こんな騒ぎになるなら、逮捕しないほうがよかったのでは?」と言いたかったらしい。アホか! これまで軟弱だったんだ。 たとえば、領海内で違法漁をした漁船は、これまでの退去命令ではなく、どんどん拿捕しろ。

●最西端の島が、自衛隊誘致。それは置いておいて、沖縄が、中国に毅然とした態度を取れといいながら、米軍基地の県内移転反対・・・ま~気持ち分からんでもないが・・・国際情勢を考えたら、沖縄は軍事上、重要な位置にある。

●領土問題は、1ミリたりとも譲歩してはならない。

北方領土問題。北方4島のみを北方領土問題とみんな思っているだろうが、オレに言わせると「樺太」も未解決の領土問題の対象地域だ(外務省も同じ見解だ)

明治初期、政府の稚拙な外交で、樺太を露助に奪われた。もともと日本人が入植していたところにロシア人があとから押し寄せてきた。国境設定の日露の協議で、日本が「北緯50度で国境としては」などと譲歩したのが、間違いの第一歩。さらに「49度では・・・?」などとアホな譲歩を繰り返す始末。そうこうしているうちにロシアは、軍隊や囚人を、どんどん移住させ、「実効支配」されている。

今度も、先に「船長釈放」などというアホな譲歩。 しかも、事前交渉もなく(と思う)、一方的にやっている。外交では、こちらが譲歩すれば相手も譲歩するなどということはない。譲歩すれば、そこに付け込んでさらに要求をエスカレートさせるのが、国際常識だ。日本は、バカがつくほどのお人よしだ。

●レアアースを「人質」に取られて、国辱的撤退か!? 金に目がくらんで、もっと大事なものを失うな~~~。レアアースの中国以外での生産地開発を! あるいは、レアアースを不要とする製品開発にもっと注力。生産拠点を、中国以外の国へ。  もっと言えば、チベット独立を!  

●おい、日本の経済界! ヤセガマンということを覚えろ!

●船長釈放は、検察の判断だと。お~い、じゃ法務大臣、事前に報告を受けたとき、それを容認したんだな。責任取れ!(容認できなければ、指揮権発動しろ!)

漁業監視船とやらが、来ているらしい、海上保安庁、頑張れ! 自衛隊も応援しろ!

●北鮮の金ちゃんの三男が大将になったとか。そういえば、小さいころ、ウチの近くにも大将がいたな。青大将といったかな。

●辻元とかいうヤツ、民主党の会派入りだと。まだいたんか、あのオバハン。さすがに民主党入りは、露骨すぎるか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

●泣き虫 翔一郎

●おのれ~~~中国。ますます腹立つ。

今回の事件で、日露戦争前に起こった大津事件を思い出した。津田三蔵巡査がロシアのニコライ皇太子を切り付け、あわてた政府は、裁判に介入しようとした。つまり、ニコライを皇族と同等に扱い、つまり津田被告は死刑にしようとした。 しかし判事の児島惟謙(こんな字だっけ?)が司法の独立を守り抜いた。

那覇地検。 もし、政治の介入がないとしたら。  おい、日中関係や日本人の立場を考慮したというが、その判断、大間違いじゃないか。 おい、仙石、「那覇地検の判断を了とした」なら、責任取れ!

なんとかという法相。無法者船長釈放の発表前に聞いていたといったな。指揮権発動はないといったな。 もし、地検が「釈放する」といったら、逆にそこで指揮権を発動して、釈放を止めるべきじゃなかったか。 「釈放」を検察の責任にしている管、この卑怯者 !

●船長を釈放したら、中国側も譲歩してくるという読みが政府にあったらしい。裏で、船長釈放と「4人の人質」交換でもあるかと思ったら、その気配はない。 ことらが譲歩すれば、相手も歩み寄ってくる、などという甘い読みは、日本国内でしか通用しない。外交では、相手が譲歩したところに付け込んでくる、というのが国際常識じゃないか。つくづく、今の内閣はどうしようもない。   

●翔一郎が泣き虫だ~~。明奈とはエライ違い。女の子のほうが図太いからな~~。男の子は神経質で臆病、甘えん坊という。う=んお父さん似だな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

●清澄庭園

018 ●東シナ海が、きな臭くなってきた。中国も複雑な国内事情を抱えているようだ。とくに反日勢力と軍部が問題か。 

いよいよ戦前の日本の国内事情に似てきたか。 若手将校たちの不満を抑えることができずに、戦争へとひた走った。 政府は、軍部を抑えるために、やむを得ず東條内閣を成立させた。これを「戦争準備」と受け取ったアメリカは、強硬姿勢に転じ、戦争回避は不能となる。(余談だが、このとき最後通牒ともいうべきハル・ノートを受諾すれば、よかった、などとバカなことを言う奴がけっこういる。結果からしか歴史を見られないアホだ)

中国も、「強硬派」に、いっそのこと政権を取らせればいい。「中国分裂」が早まるだけだ。

領土問題では、たとえ1ミリでも譲るなよ! おい管と仙石、分かっているか~~

●日曜、天気がよかったので、清澄庭園に。 明奈は、コイに餌をやって大はしゃぎ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

●野外レストラン

007_2 ●土曜日は、保育園のは早めに終わる。この日は、さらに3時に迎えに行って、明奈を公園に連れて行っていった。途中、お気に入りの犬と遊ぶ。明奈は、犬その他の動物に敏感だ。アリ一匹にも「おーーっ!」と激しく反応する。

公園では、大はしゃぎ。  空飛ぶ飛行機やヘリにも大げさに反応するが、この日、それこそ何機ものヘリが飛んで(普段も飛んでいるのか)、いちいち反応していた。しまいには「またね~~」と手を振る。

011 ●夜、3階のつね亭野外レストランで、七輪焼き。カマスにししゃも。目玉は、露店で売っていた3本600円の松茸。中国産か北朝鮮産か、産地を聞いたら食べられなかったかもしれない。  飲み過ぎた

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

●続 怒

●一晩明けても怒りは収まらない。せっかくイチローが、200本安打達成した日だというのに・・・

中国は発展する経済力で、今後ますます強気に出てくるのではないか。数日前、岡田外相(こいつは、竹島問題でも、摩擦を恐れて、不法占拠という言葉を使わないと宣言したヤツだ)は、「経済的に中国に依存しすぎてのではないか」などとほざいた。アホか! 今頃になって、そんなこと言うな! カントリー・リスク(あるいはチャイナ・リスク)という言葉を知らんのか。 この際、中国に進出した企業も、今後の戦略を見直したほうがいい。  インド、ベトナム、タイなど代替地はあるだろう。   インドに東南アジア諸国を加えれば、人口だって中国にひけを取らない。  

レアアースの対日禁輸。90%以上が中国が生産している事実は仕方ない。早く中国以での開発が望まれると同時に、レアアースを使わなくて済む製品の開発を急いで欲しい。

中国はますます、強気に出てくるだろう。 まず心配なのが、東シナ海。中国のやり方としては、まず漁船をどんどん繰り出して次は調査船、次に軍艦、といったところか。海上保安庁のますますの警備強化を望む。あるいは自衛隊の新しい基地創設とか。 今の内閣はどうしようもないが、せめて前原クンだけはまだ、期待しているぞ~~

日本の対応にアセアン諸国はどう思ったか。南シナ海で、同じような紛争を抱えるベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア・・・・。失望したろうな~~。アメリカも交えて、対中国への共同戦線を張って欲しい。

オレは捕鯨問題でオーストラリア産牛肉は食わないことにしている。  でもここに来て中国製品のボイコットは難しいだろう・・・ 少なくとも宝健日用なんたらとかいうところの商品だえは使わないぞ~

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

● 怒

●驚くべきニュースが飛び込んできた。

日本領海を侵犯した中国人船長を釈放・・・

まさに、日本外交の屈辱的敗北、しかも歴史に残る汚点だ。 怒り心頭・・・

巨人の負け以外に、これほど怒りに目がくらくらしたこともない。

●昨日、アメリカが、「尖閣列島は日米安保の対象になる」と発表。これは日本外交の大きなポイントだと思った。ところが、喜びも束の間、このていたらく・・・ どんな裏があるのか。アメリカは、この問題に干渉しないと言った。これらを総合すると、アメリカが尖閣を日米安保の対象とすると言う代わりに、日本が「アメリカの意を汲んで」船長釈放につながったとオレは見る。(タイミングが良すぎる) 中国も、アメリカのコメントには反応していない。

温家宝は、「中国は、領土と主権に関しては絶対に譲らない」と言った。日本首脳もそのくらい言え。少なくとも「ならず者国家」中国に媚びるな。

●うがった見方をしよう。 フジタの社員4人が拘留された事件。中国の新聞で大々的に報道されたのは、「船長釈放」が「内定」してのことではないか。報道発表前に、日本政府は、4人の拘留を知っていてもおかしくない(というより知っていて当然ともいえる)。 日本国内の不満をガス抜きさせようとする意図もあったのでは。(当然、4人の釈放も裏取引であってもおかしくない) 

●検察庁は、政府からの圧力はなかったという。 それはそれで問題だ。那覇地検の記者会見では、日中問題も勘案したという。つまり、検察が独自で政治判断を行ったことになる。 ま、政府からの「強い要望」があったと見るべきだろう。

●検察も政治家も「覚悟」がない。 こら!、管と仙石、早くひっこめ!

●もはや取り返しがつかない状態だが、まだ「未来」はある。 尖閣諸島を、有効利用すればいい。これまで日本外交は、外国との摩擦をひたすら避けていた。そのため、尖閣諸島を政府が「借り上げ」、中国政府との摩擦を避け、利用することを避けた。 この際、尖閣諸島に自衛隊を駐留させればいい。なんなら、普天間基地を尖閣諸島にもってくればいい。

最近、釣りにはまっているが、尖閣諸島近海での釣りツアー、やるか。

●中国で拘留された4人の日本人。これは投棄された旧日本軍の化学兵器処理のための現場視察だったという。   このニュースで一言。 昔から「旧日本軍が遺棄した」と各メディアが伝えるが、これには一部、誤謬がある。  大日本帝国がポツダム宣言を受諾したのち、旧日本軍は現地で武装解除するが、兵器の類は連合国(大陸では国民党軍、つまり中国)に引き渡される。終戦と同時に化学兵器も中国軍に渡っているのだ。道義的責任はともかく、法的には日本に遺棄化学兵器の処理責任はないはずだ。  つまり中国は「善意」(といってもビジネスで行っていたのだろうが)の日本人4人を人質に取ったわけだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

●こうして、冤罪は生まれる

●厚労省の村木さんとやらが逮捕された事件。 逮捕直前のマスコミ報道等で、うわべだけの印象では「とんでもないヤツ」というものだった。あの報道ぶりは、すでに「犯人扱い」だった。 で、最終的に無罪判決。おまけに検察の証拠隠滅。恐ろしや~~~。データを改ざんした大阪地検の検事はとんでもないヤツだが、これは一人の責任ではない。

●押尾事件。押尾くんは、有罪で実刑判決。それは仕方ない。 庇う気もしない。

 しかし! 薬物を誰が持ち込んだかについて、裁判所は、押尾被告が持ち込んだと「断定」した。その判断のもととなったのは、状況証拠だけじゃね~か。限りなくクロい近くても、断定できるほどの確たる証拠がなければ、被告人の有利になるというのが、法の理念じゃね~か。検察も信じられなければ、裁判所もいいかげんだな~~

●最新号の「文藝春秋」に面白い記事があった。  DNA鑑定で、無実の罪を着せられた菅谷さん。 その同じDNA鑑定(もちろん当時の)だけで有罪とされ、死刑にされた人間がいたそうな。その人間は、最後まで無実を訴えていたという。

●世の中には、「冤罪」といわれるものが数あまたある。 オレが知っているものは少なく、また詳しく調べたわけではないが、「徳島のラジオ商殺し」(? そんな名前だったと思う)と「袴田事件」、これは冤罪だろう。  

●尖閣諸島問題。 いよいよ日本の主権、いやそれ以上に日本の存亡をかけた問題になってきた。一歩も譲歩するなよ~。  

北朝鮮で28日に、なんたらとかいう会があるそうな。 ちょっと前まで、北朝鮮なんぞ、早く潰れろ、なんて思ったりしていた。 でも金ちゃん一家の世襲はともかく、北朝鮮という国家が存続するほうが、日本にはいいように思えてきた。 それより中国の一党独裁体制、早く倒れんかな。チベット、その他の少数民族も決起して、みんな独立せい。そのほうが世界平和にはいい。  

| コメント (0) | トラックバック (0)

●東シナ海 波高し

●たまには、早起き(夜更かし?)してみるもんだ。 昨日、ビール500ml2缶飲んで、酔う。(もともと酒は強くないが) 娘を寝かしつけるつもりが、自分も早々と10時過ぎに寝てしまった。おかげで、なんと深夜2時過ぎに目が覚めてしまう。

仕方ないので、TVを点けた。 深夜番組にはけっこういいのをやっている。民法の「時空新聞社」という番組を思わず、見てしまった。 これは面白い企画だし、見ていて楽しい。

で、裏番組(?)でNHK。「日本夜景めぐり」単純に東京の夜景を主に、空から映して、ひたすら流しているだけだが。 キレイな映像だ。  壁一面の大画面で見たいぜ。 お、横浜・神戸もあるのか。   いや~もしヘリかなんかでの夜景観覧ツアーとあいうのあったらいいな。デートコースとしては最高だろう。

●いよいよ東シナ海が荒れてきたぞ~。 中国政府も、外交・軍事・経済多方面での報復を検討中だとか。  中国政府も苦しいところだろう。内政でさまざまな矛盾を抱えていて、内部に相当、政府に対する不満も高まっているおとだろう。軍部の動向も気になる。

でも、日本としても、領土問題、主権にかかわる問題では、たとえ1ミリでも譲歩してはならない。 そこで問われるのが政治家の「覚悟」だ。 KAN君には、あまり期待はできないが・・・なにしろとにかく「首相」になるのが目的で、さらにここ3カ月、ひたすら保身のための安全運転しかできなかったからな。

だいたい「尖閣」も「竹島」も、戦後60余年、日本外交が、ただひたすら外国との摩擦を避け、目先の問題を先送りしてきたツケが、ここにきて回ってきているじゃないか。中国が尖閣諸島でゴタゴタ言い始めたのが70年代。福田内閣(オヤジのほう)のときに日中平和条約を締結したが、この問題を先送りした経緯がある。   ま~この問題に関しては着地点が見えないが・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

●明奈、2歳の誕生日

017 ●9月19日、明奈の2回目の誕生日。保育園がお休みなので、お昼は公園でシャボン玉を飛ばして遊んだ。昼ごはんは焼き肉屋。ところが明奈は、ご飯ばかり食べて、肉が焼けたといは眠くなっておねんね。おあkげでパパは焼き肉定食のほか、冷麺まで食べておなかいっぱい。

2010_0919_072516p1010744 ●夜はママお手製のイクラ鮭ご飯。イクラ大好きの明奈はゴキゲン。 さらにママお手製のケーキとクッキー。クッキーは明奈の顔とウーたんの顔で作ったもの。自分の似顔絵クッキーが大変、お気に入り。006 ママの演奏でハッピーバースデー トゥー ユー。ローソク消しがまたお気に入りで、計4回もやらされた。 明奈はお気に入りのブドウばかり食べている。

014_3●あとで写真を整理したらやたら枚数が多い。おかしいと思ったら、明奈のヤツ、自分でカメラのシャッターを押しまくってやがる。しかもナルシストの明奈は自分ばかり撮っている。お前、モデルにでもなるか~~ 2010_0919_081229p1010751

| コメント (0) | トラックバック (0)

●若洲臨海公園で釣り 大漁(?)だが・・・

  • 2010_0918_023434p1010736 ●9月18日、若洲臨海公園で釣り。朝9時過ぎから夕方4時過ぎまで。Iさん、Sさん夫妻、そして午後からHさん、Tさんが合流。残念ながら明奈は家で留守番。

●釣果は、そこそこよかった。全体でイシモチ3尾(すべて小粒だが)、カマス3尾。   ほかに、サビキでサッパ、豆アジなど数十匹。

●夜、釣った獲物を肴にして宴会。  イシモチとカマスは塩焼き。ほかの小物は、油で素揚げ。(普通ならリリースするところだが、これが美味しいため、持ち帰る)   ビールのつまみに最高なんだな~~~

2218_002 2010_0918_055913p1010737 2218_007

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

●経済オンチ

014 ●翔一郎が、ミルクを飲まない。ひたすら母乳ばあり飲む。いまからグルメ・・・?

●イチローくん対KANくんの戦いは、KAN勝利か・・・。 で、KANくん、20年間の閉塞感を打ち破る、と記者会見で述べたが、それにはさっさと退陣&選挙、政界再編がいちばんの有効手段だよ。 ま~持って年内、あるいは来年3月・・・。 ところがいま、民主党は支持率が上がっている上、自民も選挙態勢が整っていない。3月は地方選を控えて、公明党も嫌がる。 ま~とにかく政界再編を・・・

●民主党は、経済オンチの集団か? おい、仙石くん、為替介入に関して「1ドル=82円が防衛ライン」。おいおい、手の内ばらすな~~ みんなの党の渡辺くん(いつか首相をやらせたい)が「バカですね~」と言ったが、そうじゃない。「大バカ」なんだよ。

●民主党は、経済に対する感覚がおかしい。 オレがタイに行く直前も「経済界の要望として」とはいいながら「1ドル=90円台半ばが望ましい」とかヌカしたな~~。アホ。おかげで、これから海外に行くというのに、一瞬、円安になったじゃね~か。 経産相(?)だった直嶋なんたらも、ある経済指標を正式発表の前に、漏らした事件があったな。あれはマズイぞ。不問に付したようだが、言ってみればインサイダー取引に使われかねなかった。インサイダー取引は、重大な経済犯罪。それに加担したのと同じじゃ~~。

●改造内閣発足。おかしいな~オレも官邸からの入閣要請の電話を待っていたが、・・(笑  ま、防衛大臣だったら引き受けてやってもよかったけどな(笑   でも、岡崎トミ子の名前があったぞ~~! さすが、「市民運動家出身」KANくん。 こいつは、韓国の日本大使館前で行われたいわゆる「従軍慰安婦」(従軍慰安婦という言葉は戦後に作られた言葉だ)のデモ隊に参加されたという、とても「ありがたい」(『反日」にとって)存在だ。 野党、(とりわけ自民党、あるいは立ちあがれ日本)コイツをとことん吊るしあげろ~~

●民主党政権はどうでもいいが、尖閣諸島問題では、毅然とした態度で行けよ! 領土問題に関しては、たとえ1ミリでも譲歩したら、国家の存亡に関わる。 ま、外務大臣に前原くんが就任したので、その辺は大丈夫と信じたいが。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

●我が名は「翔一郎」

006 ●22日に生まれた長男の出生届を出した。名前は「翔一郎」。本当は「翔太郎」にしたかったが、今年2月に生まれた甥が太郎なので、それは避けた。ほかに候補として、「健太」「健斗」「翔太」など。歯切れが名前が中心だった。健太もよかったが、ありふれているのと広●のピッチャーに前●健太というのがいて、(しかもコイツ、この前巨人に勝ちやがった)、それと重なるのが嫌だった。最後は、翔太とどっちにしようかと悩んだが、最後は区役所の窓口で決めた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

●暑いっ!!!

●暑いっ! で、いしいひさいちのギャグを思い出した。熱帯夜。車の車輪を指さして、「ねっ、タイヤ」。

この前の飲み会で、女の子が言った。「“熱中症”をゆっくり言って」 「ねっ、チューしよ」

「じゃ、“猛暑”をゆっくり言って」 「もう・・・しよ~~」

ふ~~ふっふっ。不快指数が上がったぜ・・・

●アツイといえば、民主党代表選、熱くなりそう。管、小沢、どっちが勝っても、早く民主分裂して政界再編を。 オレは、もう民主の役割は終えたと思っている。 とにかく政界をかき回して、守旧派を一掃!    高齢の政治家がすべて悪いとはいわない。高齢が悪いんじゃない。ただ、長くやっていると、「しがらみ」ができて、業界との癒着もできてくる。

まず、管。もともと嫌いだが、最近とくにいけないのが、官僚に取りこまれたフシがあること。で、小沢クンは、連合、(日教組も?)その他の団体とのつながりが強い。でもって、両者とも政治改革、公務員改革と口先で言っても、信用できない。

どっちが勝っても、そのままでは済まないだろう。 もっと若手に有望そうなのがいるから、早く世代交代を。  みんなの党の渡辺くん、民主でも前原くん、野田くん、松本くん・・・。人材はいろいろいると思うが・・・・

で、管総理を支持する国民の声が高いそうな(そんなに人材不足か~~?)。  その理由の一つに、「短期間で政権が変わると、外国からの信用をなくすから」。  バカか。国のトップがコロコロ変わるのはよくないが、でも、それは本末転倒だろう!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »