« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

●大爆笑 どこで脱○!

●それは突然の出来事だった。しかし、予兆はあった。「予感」もあった。

●朝から、明奈の様子がおかしいとは思っていた。ずっと「出るもの」が出ていないのもある。

夕方、明奈を迎えにいったといも、異常にテンションが下がっている。家に連れて帰ってもテンションが低く、風呂にも入りたがらない。で、無理に風呂に入れていた。

●明奈を浴槽に入れて、オレは髪を洗っていた。そのとき、明奈が急に大声を上げた。

何かと思ったら、風呂のなかで「ウ●コ」している・・・・・・!  オレは大爆笑!! あわててカミさんを呼んで、二人して大笑い。  それにしても大きい! カミさんも「私のはこんなに大きくない」 いや~~、オレもこんな大きいのは、なかなか・・

それから小一時間、笑いが止まらない。 これほど大笑いするのは久ぶり・・・でもないか。

昨日のノロウイルスをレポートした「野呂」さんにも笑ったが。

だいたい、ウチは笑いすぎ。なんでこんなに笑うことがあるのかといううらい笑っている。

よく結婚式で、「笑いあふれる家庭を作ります」などと言っているヤツがいるが、ま~~そいつらに限って暗い奴らが多い   でも、俺んちみたいにバカみたいに笑ってばかりいるよりいいか。。。

ま、なんにしても、明奈、便秘が治ってよかったな。 そのあと急に元気になってハシャギ回っている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

●のろウイルス

Photo ●朝起きて、子ども二人を保育園(それぞれ別なんだな)まで送り届けるまで、バタバタ・・・。  

●昨日、午後8時45分からのNHKのニュースを見て思わずカミさんと同時に爆笑。 その前は「坂の上の雲」の再放送を見て、じ~んとしていたが・・・  。坂の上の雲の時代と、今の時代の政局を重ね合わせて、おもわずしみじみ考えていたところに・・・

ノロウイルス発生のニュース。 で、それを伝えるNHKのレポーターの名前が「野呂」さん。大爆笑。全国で同じように笑った人間、いるんじゃね~か。というか「NHK,不謹慎だ!」と怒ったりするヤツもいたかも。抗議の電話がなかったかどうか、気になるところだ・・・__

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

●コンニチハ 明奈ちゃんです! ~葛西臨海公園へ

2010_1116_112703img_7037 ●朝、起きて、さぁ、どこかへ行こう! と。で、行くことになったのが、葛西臨海公園。メインの目的は水族館。 

●葛西臨海公園は、実は我が家から以外に近い。越中島駅から3駅、時間にしてわずか10分。そんな近いところにこんなリゾート地があったのか、という感じ。水族館はけっこうよかった。明奈も興奮しっぱなし。場所によっては、「コワイヨ、コワイヨ」と尻込みするところがあったが、あとはテンション高かった。そのうち各水槽の前で「コンニチハ、あきなちゃんです!」といちいち挨拶する。しかも四方に響くデカイ声。 大笑い。

●昼食は、水族館内のレストラン。以外にも良心的な価格(都立で公共の場だから当然か)。 江戸川を挟んだところにあるリゾート地とは大違い。 (しかも、ここは弁当の持参OK。対岸のリゾート地は、持ちこみ禁止&持ちこんだもの没収!)  ・・・ところが、明奈に注文したお子様ランチ!  お子様ランチといったら、当然、日の丸の旗だが、オイ! ここのお子様ランチには、日の丸じゃなくて、星条旗じゃね~~か? どういうつもりだ!?

2010_1128_143429img_7076 ●予想う通りというか・・・。 カミさんが観覧車に乗りたいと言い出した。 国内で一番大きい観覧車らしい。 ところが、あとで聞いたらカミさん、高所恐怖症&閉所恐怖症らしい。 17分のミニトリップ。 最高点をすぎて降りかけたときに言いだした。手に汗をかき、手は小刻みに震えている(だったら乗りたいというな!)。  景色はよかった。

●晩飯は、寿司やで一杯。ま~~贅沢な一日だった。

2010_1128_162433img_7113 2010_1128_151625img_7095

| コメント (0) | トラックバック (0)

●パパのお仕事は?

●土曜、明奈と翔一郎をそれぞれ、保育園へ。

明奈の保育園への途中に、ある会社の駐車場がある。そこの片隅にタヌキの置物が2体あり、それが明奈のお気に入り。行き帰りの途中、かならず立ち寄って、そのタヌキのお腹をポンポン叩くのが恒例行事となっている。

●土曜、マージャン。  で、二人の迎えはカミさん。  明奈を迎えての帰り、いつも通る酒屋のオヤジが明奈に「お父さんは?」と聞いたらしい。明奈は一言「しごと」。 そうか~オレは仕事中だったか・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

●ジーンズを履いたアリクイ、歌舞伎町に現る!

●日比谷公園のイベントへ。  「おかあさんといっしょ」に出てくるワンワンのステージがあるという。現地は、子ども連れで大賑わい。 明奈も満足そうだった。

●実家へ。その帰りのバス。 翔一郎をかついだオレとカミさん、明奈とは離れた席に座った。お互いの姿は見えない位置だが、それぞれが身を乗り出すと見える位置。オレが身を乗り出すと明奈も身を乗り出して、オレを見る。そのたびに明奈は、大爆笑! それこそバス中に響き渡るほどの大声。明奈の回りの客は不審そうに見ていた。あのバカ笑いは、気がふれたとしか思えないほどだ。

●カミさんが、またヘンな夢を見たという。 オレの行方を捜しているカミさんと明奈。 明奈が「あ、パパピ!」と叫んで見つけた場所は、なぜか歌舞伎町。 しかもオレの姿は、なぜかアリクイ。 (あおtで、アリクイなのに、なぜオレだと分かった? と聞くと、よれよれのジーンズにメガネをかけていたという) ハァハァ言いながら、長い鼻を道行くお姉さんたちの尻あたりを嗅いでいたという(笑   しかし・・・   にしても「長い鼻」というのは象徴的だ・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

●ペマ先生講演

●明奈を動物園に連れていった夜、今度はペマ先生の講演会。

●今回は、尖閣問題もあって、非常に熱がこもった講演だった。出席者の意識も高く、は白熱した議論も。さらに、オフレコ発言もあって、非常によかった。

●その熱気は、2次会まで続いた。2010_1116_183610img_7062

| コメント (0) | トラックバック (0)

●上野動物園へ

2010_1116_151939img_7060 ●今シーズンいちばんの寒さ。その中、なぜか上野動物園へ。明奈が喜ぶことは間違いない。でも、行きたいと主張したママが、いちばん行きたかったに違いない。

2010_1116_144545img_7059●明奈は、動物園内でははしゃぎまわっていた(最初は、動物を見る前に、園内の巨大動物人形にもはしゃいでいた) 明奈がいちばんはしゃいだのが、ハイギョと亀が泳ぐ水槽の前でだ。

●すべての動物の前で喜んでいたわけではない。ワニの水槽の前では「コワイヨ!」と尻込み。ライオンの檻の前でも、メスライオンが近づくと同じく尻込み。

●笑ったのが、ゴリラ。 なんと、交尾を始めた。しかも、一度、行為を終えたあと、さらにもう一度。その瞬間、観客の間から笑い声。もっとおもしろかったのが、前にいた中年のオバサン連中。「あら~また始めたわよ。見なくちゃならないわね」「けっこう長いわね」(そんなに長くないぜ)  明奈のヤツ、オスゴリラのマネして、腰を振ったりしている(こら~20年早いぞ、いや15年か・・・?)

010

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

●成長

●子どもを見ていて楽しいのは、少しずつ成長しているのが目に見えることだ。

昨日、自分でズボンを履くことを覚えた。今日は(おっと、日付が変わって、本当は昨日か)シャツを自分で着た。明奈は、なんでも自分でやらないと気が済まないタイプらしい・・・

●明奈は記憶力もいい(というか粘着質か・・・誰に似た 笑)。 飛行機を見ては興奮しているが、「明菜、乗った」というセリフが飛び出た。  1週間前に、友達に噛まれたことも覚えている。

●歌もたどたどしいながら、歌えるようになった。  カエルの歌を口ずさんでいる。

●大食漢。 とにかくよく食べる。 この間、京樽のチラシずし一人前を全部、自分で食べた。 もし、翔一郎まで大食いになったら・・・ひえ~~我が家のエンゲル係数は上がる一方だ。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

●パパ、奮闘!

●ママが仕事でテンパっている。で、パパの出番。 まず、明奈と翔一郎をそれぞれ、保育園、託児所に預ける。翔一郎を預けたあと、そのまま自転車で日本橋にある出版社へ。

●夕方5時過ぎまで缶詰。そこを出たあと、自転車で深川のマンションへ。マンション撤収のため、雑誌を山ほど積んで翔一郎を迎えに・・・ヒイヒイ言いながら自転車を押して、翔一郎を連れて家へ。

家の前で、とんでもないことに気がつく。 家の鍵を持って出なかった・・・ カミさんが帰ってくる9時までまだ3時間もある・・・  どうする、 深川のマンションに置いてあったかもしれない・・・あるいは実家の母親に、タクシーを飛ばしてもらうか・・・  

とにかく、まず、ベランダのガラス戸の鍵をかけ忘れていないか、確認。翔一郎を抱えながら細い路地を入っていく。・・・しっかり鍵がかかっている。ところが窓が鍵かけ忘れ・・・ラッキー!  しかし、高い窓の乗り越えるには、翔一郎が邪魔だ。 どうする・・しかたなく、ガレージに明奈のバギーをセット、そこに寝かせた。風邪気味でゴホゴホ言っているのに、一人残すのは心苦しいが仕方ない。 

●勢いよく窓を乗り越え、玄関を飛び出て翔一郎を抱きしめる。その間、十秒足らず。慌てて、今度は明奈を迎えに・・・ その前に、晩飯の用意をしなければならない。翔一郎を抱えてバギーを持って保育園へ。そこにバギーを置いてスーパーへ買い物。

今日は久ぶりに鍋。(オレが作った鍋は、安恒鍋といって一部にファンが多い) 翔一郎を抱えて鍋の材料を買い、そのまま明奈の保育園へ。あ~、疲れる・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

●明奈、大暴れ

010 ●日曜日。明奈を近くの公園へ連れていく。そしてまた、新しい遊びを覚えた。滑り台の上から小石を転がして、喜んでいる。それもメチャ、大受け。そんなに楽しいものか。ある意味、うらやましい。

●オレはその場にいなかったが、明奈も言葉を二つ以上、組み合わせてしゃべるようになったという。空を飛ぶ飛行機を見ながら「明奈、乗った」と言ったとか。 飛行機に乗ったという記憶というか、認識があるのだと、ちょっと驚き。

●オレは昼過ぎから麻雀。そこで悠長に昼飯を食べている時間がないので、京樽で寿司を買ってきた。ところが明奈のヤツ、握りずしのパックを自分で開けようとして、テーブルの上に全部、ぶちまけやがった。 

014●翌日の話だが、大食いの明奈、一人でチラシずしを平らげた。我が家のエンゲル係数、高くなる一方だ~~~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

●海鮮三昧&焼き肉

008 ●日曜日、北海道から「海の幸」をお取り寄せでパーティ。それだけではない、上質の国産牛肉1・8キロ(カタサンカクという部位らしい)の焼き肉までつけるという贅沢さ。

●酒のたんまり用意して、10人ほど集まってどんちゃん騒ぎ・・・。 ところが・・・   数日前にカミさんが、大変な仕事を受けて、とても準備どころではないという状況。さらに明奈と翔一郎の咳が止まらない。金曜日などは、深夜病院に駆け付けようか、という状態。

そんなときに、さらに事件。 日曜、午前中に必着のはずのクール宅急便が届かない。で、電話してみると、業者さんが、なんと1日間違えてこれから発送・・・た、たのしいパーティが。。。 おれは怒りを爆発させてしまった。なんで当日到着、前日に確認の電話もしていない・・・リスクマネジメントがなっていない、と言っても後の祭り・・・

で、すったもんだの挙句、羽田まで航空便。先方も大パニックで大変だったらしい。

こちらも羽田まで取りに行かねばならない。オレは半分フテ腐れて、カミさんが半分べそかきながら取りにいった・・(みんなでレンタカー借りようとか、熱い議論になったな) カミさん、寝不足に加え半分パニック状態だった。乗換で乗り過ごして、今度は戻るときにも乗り過ごし。さらに羽田でもけっこう遠かったらしい。

待ちに待った「海の幸」は見事だった。その業者さんは、高級料亭専門の卸しさん。 牡丹エビが大皿いっぱい。見事なイクラがドンブリ一杯。厚岸のカキもドンブリ一杯。小ぶりだがアワビ3枚、ホッケの刺身、ヒラメのエンガワ、カレイに刺身、白子(オレは嫌いだが)ドンブリ一杯、ほかにホッケの開き、シャケの開き、カレイの開きが真空パック。 あまりの豪勢に息を呑んだ。 先方さんも、サービスしてうれたんだろう。 10人では食べきれなかった。  

余ったホッケの開きやカレイ、シャケの真空パック。みんなに持って帰ってもらうのを忘れてしまった。

羽田からのタクシー代、6000円分が赤字。さらに酒代もかさんだが、(プラス一人3000円)それでもこの豪勢なメニュー、十分満足だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

●エビで鯛を釣る

009 ●3日、伊東に釣りに行く。

行きは待ち合わせの時間に新幹線の乗り継ぎがイマイチだったので、鈍行でノンビリ行く。オレは、この鈍行の旅が好きだ。外の風景を見ながらいくと、本当に東京から離れているという感覚がする。

●12時出港。その前に伊東駅前の回転ずし店へ。 回転寿司と言ってもバカにできない。地物のおいしい魚が食べられる。しかも安い。

●狙いはタイ。最初は食いつきが良くなかった。が最終的には20センチ級の小物ながら鯛3尾、タイより高級魚といわれるイトヨリ2尾、25センチ級のカイワレ1尾。で、あまり歓迎されないソーダガツオ4=5尾。その日、タイ1尾だけ塩焼きにして食べた。

●ノンビリ旅は、ゆっくり新聞や本を読めるのもいい。行きの電車で「社長 島耕作」7巻を読んだ。   「課長 島耕作」はもともとスーパーサラリーマンではなかった。小心翼翼とした課長が、オフィスラブをそこそこ楽しんだりする話だったのが、産業スパイの尻尾(その相手も島の不倫相手だった)をつかんでから派閥争いに巻き込まれ、出世街道を歩み始める。ところが偉くなるにつれ、マンガは日本の経済状況、世界の動向を映し出す「教科書」のようになってしまった。 7巻では、ウユニ塩湖リチウムの利権にからむ話だったが、世界の動きよりいち早くマンガのほうが先取りしている(パナソニックと三洋電機の合体もマンガが先だったな)。

で7巻で面白い記述が。  日本の法人税が、韓国より高い。で、国際競争力が落ちると。登場人物は、「菅山首相に何度も進言しているが」と。 おい、企業からもっと金を取れといっている共産党や自称エコノミスト、よく聞いておけ! 「菅山首相」には何を言っても無駄、どうせ先は長くないし・・(笑 

さらに、こんなことも。   今の政権は社会主義政策をとっている、と。低所得者層に対し手厚くするのはいいが、その結果、大企業がダメになり、まわりまわって低所得者を増やしていくという。      おら~~「鯉住」政治を批判してきた近視眼的バカども~~マンガでも読んでろ。  日本を格差社会などというアホンダらもな。(そりゃ、格差はどこでもあるよな) 低所得者のオレでも、おかしいものはおかしいと言うぞ~  まずは「菅山」さん、一日も長く総理の座にありたいと「だけ」願っているあんた、さっさと引っこんでくれ~~!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

●明奈、病院へ

●今シーズン、初の鍋だった。子どもたちを寝かせて、最後の仕上げのうどんを煮込んで、まさにこれから箸をつけようとしたその時だった。 明奈が、異常に大きな声で泣き叫び始めた。実は数日前から風邪気味で、熱もあった。昨夜は鼻づまりで夜泣きがひどく、寝不足でもある。

●熱を計ろうにも、暴れて計らせようとしない。あまりに様子がおかしいので、病院へ。江東区の休日診療が、夜の11時45分まで受け付けている。ギリギリ駆け込んで診てもらった。熱があるようだが、心配ないということで薬を貰って帰った。オレは風邪薬は飲まないことにしているし、子どもにも呑ませたくなかった。が、熱を計ると(家に帰ると自分から体温計を持ってきた)、9度5分もあった。仕方なく、呑ませることにした。

スヤスヤ寝ているが、調子が悪かったほかに、夜中に目が覚めて、隣に誰もいなかったので、パニックを起こしたのだろう。寝付くまで、オレが添い寝しないとダメなんだ(ママではダメらしい)。 甘えん坊に育ててしまったかも。

 その点、翔一郎は手がかからない。たとえば、母乳を与えているときでも、明奈は飲み足りないときは「ギャーッ!!」と大騒ぎして暴れた。翔一郎は、不満そうながら、大人しくしている。ミルクだとあまり飲まないが(こおのグルメぶり)、ママがいないとき、わずかにミルクを飲み、明奈のように暴れるおとはない。

●TVタックルを見た。昨日は、民主党議員は一人も出ずじまい。もはや、誰も出られなかったのだろう。忙しいだけでなく、国民の前に顔をさらけ出せないのだ。

今の政権には、ほとほとあきれるばかり。 唯一期待していた「事業仕分け」も中身を見ると、期待ハズレではすまされない内容。

スクラップ&ビルトという言葉がある。政権交代で民主党に期待したのは、「スクラップ」の部分だけだった。ところが公務員改革にいたっては大幅後退。数少ない期待している民主党議員の前原クンすら、天下り阻止では、期待ハズレもいいところ。

早く政界再編を。  急がないと、外交問題で取り返しのつかないことになる。アメリカ、中国、そしてロシアとも関係が悪くなった管政権の罪は重い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

●ありがとう メンソレータム

●長女が風邪気味。で、鼻づまりがひどい。夜中、息苦しいのか夜泣き。何度か、目を醒ます。さすがオレの血を引いていると思った。3~4歳のもの心ついたころ、よく鼻づまりを起こして、「ハナのチまった~~」と半べそかいたことがよくあった。

朝5時にも大泣きして、これが止みそうにもない。カミさんがネットであわてて、検索。「メンソレータムが効くらしいけど・・・」と言う。おお!、そうだった、忘れていたよ。メンソレータムを鼻孔の下、あと喉に塗ると、スッと息が通じるんだった。 メンソレータムをあてがうと最初は嫌がった(このへんは神経質)が、数分後にはスヤスヤ・・・。

オレは薬は飲まない(とくに風邪薬は絶対に呑まない)が、軟膏は重宝している。とくにメンソレータムは、旅行にも持参する。 いまはそうでもないが、冬場の乾燥時期に唇が荒れることがあるが、そんなときはメンソレータム。リップクリームよりメンソレータムがいい。

近江兄弟社というところが、メンタムを出しているが、これもメンソレータムと同じ。たぶんメンソレータムからわかれたのだと思う。  この前、琵琶湖畔を旅していたとき、近江兄弟社のビルを見て、なんか嬉しかった。

●おのれ~~、露助の大統領~~「日本固有の領土である国後島」に足を踏み入れるだと~~許せん! 

●TBSのみのもんたの番組を見て激怒。  前原クンのハワイでのクリントン君との会談を踏まえて、「なんで中国を刺激する言動をするんだ」というようなみのの発言。お前、「媚中」か? 同席した河村名古屋市長が、それをやんわり批判。 「外務省などが、穏便にすませようとするのがダメだ」と発言。 衆議院議員のときはともかく、市長に転じてからは支持するぞ~

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »