« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

●翔一郎、立つ!

003_1280x956 ●23日、船橋の公園へ。とにかく、遠い! 疲れた~~~! 子どもたちは、喜んだが・・

●大阪の選挙に注目。結果は、「よかった~~」。とにかく既存政党には期待できないという民意のあらわれだろう。 これが、国政におよび、政界再編につながれば。  みんなの党も応援していたという。 期待したい。  でも、K井さんが、連携に意欲を示し、秋波を送っているという。K井さんは、レッテル貼りはよくないが、イメージとして守旧派、出る番じゃないだろう! 政界で存在感がなくなって焦っているか?

●サッカーも対シリア戦勝利。いいことずくめで、翔一郎が二本足で初めて立つ!

●昼飯は、寿司屋で一杯。 そのあと、骨董市へ。 カミさん、いろんなモノ、買っていたな。

017_956x1280 ●エリエール王子の井川君が大変なことになっているな。 あれだけの学歴で、しかも若くして大企業のトップに君臨しながら、しかもその経営手腕を評価されながら、この始末。 これは、育て方がちょっと違ったな~~~。学生時代から親の金で銀座クラブで豪遊(うらやましいぜ)。さらに、いちばんいけなかったのは、大学卒業して、すぐに自分の親の会社に入ったことだろう。新入社員の薄給で2~3年は下積みの生活を送らせるべきだったのでは?   にしても、こいつ、俺と同じ誕生日じゃね~~か!(怒

020_956x1280

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

●立川談志、死す

●訃報。立川談志師匠が旅立った。 とうとう、その日が来たか・・・としみじみ。

思えば、年を重ねるごとに、人との別れも多くなるわけだ。 とくに尊敬(?)する人物の死は、悲しい。 文化人では(という言葉がふさわしいかどうか分からないが)手塚治虫、赤塚不二夫、つかこうへい、・・・・・・・。

談志師匠とは、雑誌の密着取材で、何日間かずっと一緒だったことがある。人間的に魅力あ人だった。どこが魅力ある人かというと、まだ30過ぎのオレに「普通」に接してくれたことだ。雑誌編集者としてではなく、人間として付き合ってくれた。とくに何をしてくれたということではない。ごく普通に、まるで飾りっ気なく接してくれた。喩えるなら、たまたま電車で隣り合わせたおじさんに話しかけるといっった感じか。

コメディアンのたこ八郎が海で亡くなったとき、スポーツ紙では「たこ溺死」「たこ溺れる」といった見出しが躍った。一瞬、(不謹慎な・・・)と思ったが、すぐに思い直した。その死を茶化してくれる(?)のは、コメディアンとして本望ではなかったか? (これは、何度か本にも書いたが)  (こういうことに目くじら立てる人間とは付き合いたくないな)

で、談志師匠の訃報を、スポーツ紙がどう伝えるか、注目していた。スポニチだけが「談志が死んだ」と打った。あとは「談志、死んじまった」「談志死す」。

「談志が死んだ」という回文、談志師匠に会っていたとき、「師匠が亡くなったとき、こんな見出しが出るかもしれませんね」と聞きたかったところだが、さすがに聞けなかった。 もし、伺っていたら、どんな答えが返ってきていたか・・・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

●5万円のホテル宿泊券当選

●土曜日、ある会に出るため雨のなか外出。子どもとカミさんは、高尾へ。途中、九段下まで地下鉄で一緒。だったが、明奈が、俺が途中で降りると言い出すと、泣き出す。「みんなで一緒に行きたかった!・・」 心を鬼にして九段下で降りると、背後に明奈の叫び声。、胸が痛んだが、仕方ない(知り合いも誘っていたし・・・) あとで聞くと、中野駅あたりまで泣いていたとか。

●夕方、心配になって電話しようとしたら、カミさんからメール。なんと、くじ引きで、明奈がホテルの宿泊券5万円の特別室ペアで当てたとか。 カミさんは、そういったものにはあまり興味を示さない。   高尾で買い物をしたあと、声をかけられたとき、そのまま通り過ぎようとしたらしい。しかし、お店の人に「いま2時59分です。3時に終わりますが、まだ特賞が出ていません!」とか言われて、しかたなく明奈にやらせたらしい。で、特賞大当たり・・・__

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

●ボージョレ・ヌーボー って・・・

●ボージョレ・ヌーボー解禁でお祭り騒ぎ。 ま、俺は赤ワインは飲まないタチだからどうでもいいが・・・ しかし、そんなにボージョレ・ヌーボーって、そんなにありがたいかね。 そんなに美味しいとは思わないし。 ただ、おふらんすの広告戦略に乗せられているだけじゃないか? だいたい、世界でボージョレ・ヌーボーでこれだけ騒ぐのは日本だけらしいじゃないか。 ま、他人が楽しんでいるのにとやかく口出しはしないが・・・

●オバマ君が、アメリカの対外戦略の重点を中近東から東アジアに置くと宣言。 いやはや、アングロサクソンは分かりやすい。 オイルシェールから石油が抽出するのに採算性が見込めるようになったら、あっさり中東の重要度を引き下げた。分かりやすいな~~。 カミさんにその話をしたら、「アメリカって、まるでジャイアンみたいな国ね」 まさにその通り。 ただ、中国をけん制するためにも、アメリカにもっと頑張ってもらわねば。で「ジャイアン、死んじゃいやん」。

●明奈の負けん気は、相当なものだ。 外出するときなど、俺が先に階段を降りようとすると「ダメ、明奈が先!」と怒られる。で、明奈が階段を降りるまで待ってなければならない。

●翔一郎が面白い反応を示すのが、NHKニュース。最後に「為替と株」のニュースが流れると、嬉しそうに指さしながら「お」。 それ以上にお気に入りが天気図。日本地図が出ると、「あ」と嬉しそうに笑いながら指差す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

●バナナはおやつか?

●「バナナはおやつに入るんですか?」

嘉門達夫の歌にも出てきたこのフレーズ。小学校のころ、遠足なんかでよく「おやつは300円まで」などと制限されていた(よくもまぁ、くだらない規制を。ただ、一度もチェックされたことはなかったな)

で、バナナを食事の部類に入れれば、その分オヤツの枠は広がるわけだ。オレは、そんなことより、弁当箱にお菓子を詰め込む作戦なんか考えたな(実行はしていないが)。

今なら、山ほどオヤツ(それこそ数千円分)を持って、パチンコで300円で出した、と言い張るな。

元に戻って、バナナやオヤツか食事の一環かという問題で、国家が「オヤツ」と認定したところがあった。サッカーW杯予選で、北朝鮮入りした日本チームが空港で3時間半(4時間と報道したところもある)、足止め。   北朝鮮は、キタナイ手を使う、という非難はしない。たぶん、日本チームに対する嫌がらせというより、当局者は単に規則通りに動いただけだろう(陽動作戦にしては、稚拙すぎる)。

で、足止めを食らった理由に、日本チームが持ち込もうとしたガム、ラーメン、バナナが嗜好品と認定されたかららしい。嗜好品を持ち込んでイケナイ理屈も私には理解できない。ともかく、北朝鮮は「バナナをオヤツ」と認定したわけだな。

時間があれば、日本のメディア(とくにスポーツ紙、あるいは週刊誌)がどうとらえるかも知りたい(が、まどうでもいいか)。   「陽動作戦」(になるのかな?)といえば、日本シリーズと世間が銘打っている(オレは巨人が出ない日本シリーズは、日本シリーズと認定しない。ま、せいぜい裏日本シリーズだな)試合で、落合監督が、内川のバットにクレームをつけた件。 落合監督は否定しているけど、どうみても「ワザ」とだろう。

第2戦だったかな。ソフトバンクのチャンスでバッターは、内川。そこで落合監督が、グリップにテープを巻いているのが違反ではないかと言ってきた。そこで内川はテープをいったんほどいてみせた。 しかし、チャンスで一気に攻めたいところ、ソフトバンクは水を差された格好だ。内川も集中力を欠いたに違いない。

内川のバットに対する疑問は、キャッチャーから落合監督に「試合前」に伝えられていたという。だったら、試合前に審判にその疑問を通達しておくべきだ(時短にもなる)。 しかも、クレームをつけたのは、内川の第2打席でだ。第一打席のときは、「忘れていた」(落合監督)、 ぶぁふぁふぁふぁ。 誰が信じるか! ま、この件は、今度、本に書こう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

●天才ダンサーあらわる!

004_1280x956 ●巨人軍が内紛を起こしている。熱狂的巨人ファン自認するが、この件に関しては、さほど興味がない。

この事件の第一報はニュースのヘッドライン。そこでは確か「巨人のコーチに関する記者会見」だったと思う。 俺が「お、なんだ?」と言っていたら、カミさんがたぶんネットで見ていたのだろう。「清原が、巨人のコーチを訴えた」とか言い出す。おぉ、おれは面白い、とその後を見ていたら、ぜんぜん違うじゃないか! まず清武と清原も違えば、どこに「コーチを訴えた」とあるんじゃ! 一人で伝言ゲームをやらせたら面白いかも。

●月曜日。菊川にあるジャズ・ライブに行く。といっても、場末のスナック(失礼!)。でも、カミさんが前々から目をつけていたという日本でもトップクラスのジャスピアニストが来るという。TOUMAIに招へいしたいとか。 日本でトップクラスのアーティストがなぜ、こんな場末の場所に、と疑問に思ったが、それが日本音楽界の現状らしい。 狭い会場は、関係者以外はなじみの客2~3人。演奏者のほうが多いくらいだった(もっとも、1回目の公演で帰ったから、その後、客は増えたかもしれないが)

●驚いたのは、そこで「天才ダンサー」があらわれたのだ。ダンサーの名は、明奈。 明奈の踊り好きはよく知っていたし、踊りがうまいのも知っていた。 が、ジャズに合わせて、ソファーの上で踊り出したときは驚いた。 これが上手い! ジャズのリズムに合わせて、オリジナルダンスを即興で披露するが、背をのけぞらせ、しなやかで艶やかな手つきが、凄い。ほかの観客も注目していた。 演奏後、ピアニストが席までやてきて、マジ顔で「天才的ですね!」と呆れていたふが、まさか初めてジャズを聞かせて、初めての踊りとまでは知らない。親ばかのカミさんも、「明奈の踊りは凄い」そればっか。(ま、俺も同感だが)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

●明奈&翔一郎 奮闘

004_1280x956 ●マージャンのない日曜日。 この日、家族サービズ。  昼食は、寿司屋。そこで明奈、大奮闘。あまり動くものだから、テーブルの上の醤油、箸箱、爪楊枝を落とす。 やってくれた~~~

●昼食後は、実家近くのサンストリートへ。  そこでさまざまなイベント。 明奈は消防自動車に乗ってゴキゲン。010_1280x956 013_956x1280 036_956x1280 037_956x1280

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

●ラテンでいこう

●明奈の自己主張が強い。

●オリンパスが大変なことになっているな。 忘れていたが、昔、前々社長になるのかな、下山社長を密着取材したことがあったな。 ほとんど内容は忘れていたが。  コニカ(当時)の社長も取材していたが、こっちは少し覚えている。いずれもサラリーマン社長だったが。        サラリーマン社長より、やっぱ創業社長のほうがインパクトは強いな。

●TPPがどうのこうのと喧しい。 ま、長い目で見たら参加したほうがよさそうだ。  今回の騒動で、政界再編につながればいい。 いっそのこと民主も自民も割れればいい。

●そういえば、小金井市の市長が辞任したな。 近隣の自治体にごみ処理を依頼していたのを『無駄遣い」と発言したのが、ほかの自治体の反発を買ってごみ処理を断られたためだそうだ。なんというケツの穴の小さいこと! 首を差し出したことで、「人道的にゴミ処理を受け入れる」とのこと。メンツと縄張り意識と、選挙の札目当て・・・

●イタリアのベルルスコーニとかなんとかという首相がいよいよ辞めるらしい。あのオッチャンもスキャンダルや失言・暴言も多かったが、それでも長期政権。さすがラテンの国。  あの国民性はいいな~~(だから国がヤバくなったか)

我らが首相とベルル・・・なんとかとサシで対面させたかったな。ベルル・・のおっちゃん、なんと言ったかな。 「あの、顔のデカい男、なんといったかな、そうだNODA君だ」

それとも「あの、ダチョウ倶楽部の上島竜平に似た男、なんといったっけ。そうだ、NODA君だ」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

●ライブ IN 高尾

025●TOUMAIでライブ。 俺は行くつもりはなかったが、なぜか高尾へ。

今度のミュージシャンは、ギターのほかにチェロ、琴(しかも奏者は男)という珍しい組み合わせ。  豪華客船「飛鳥」で演奏していたぐらいだから、かなり実力があるのだろう。

最初の曲は、「My Favorite Things」。 サウンド オブ ミュージックの曲だが、本番前に聞いたとき、「あ、JR東海(だったかな? 京都へ行くCM)の曲か」と思ったが、そうか、あの曲はMy Favorite Thingsだったのかと初めて気づく。 あと知っている曲は「サクラ サクラ」のメロディ。 じーんとくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

●753

006●翔一郎が高熱を出す。とうとう39度を超えて、40度! あわてて病院へ。休日でも診てくれるところがあるというのは心強い。

病院の帰り、富岡八幡宮を通りががる。 露店が出ていると思ったら、あ~~753.明奈もそういえば3歳。いけね~~忘れていた~~


011

| コメント (0) | トラックバック (0)

●未来都市

Try_img001●未来都市というと、せいぜいスマートコミュニティぐらいしかないだろう。

某大手建設会社の清水建設さんのHPで、未来都市構想を見る。で、興味を持って、仕事にもならないが、取材を敢行した。

まず、2000M級の空中都市。100万人を収容できるという。

さらに、「グリーン フロート」。赤道直下に、水上都市を築くという。水上といっても、「浮く」都市。そのため、回遊が限られる赤道直下。 さらに地上1000Mの住居は、年間を通して26度前後。

いや、夢があって楽しい。


Gre_img001


Gre_img002

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

●汗 汗 汗

●ネットテレビに出させられた。いや、~~緊張するわ~他人の前で話すするのは、ホントウに苦手!! 講演で話しするのも嫌だが、ねっとTVは、相手の顔が見えないというのも、イヤだった。 が、気楽に話していいというので、ホントウに気楽に話したわ。

●6時半に翔一郎と明奈を迎えにいく。翔一郎は延長はないので、6時半に保育園へ。 明奈にしてみれば、「延長」になれば、オヤツが出るので、まだ帰りたくない。

ところが6時半に連れ出すと、途中で大泣きしはじめる。「オヤツ、食べたかった~~」と100回近く、叫ぶ。夕暮れの静かな通りに、明奈の雄叫びが響いた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »