« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

●「壇蜜」似

Img_4498 ●「素浪人 月影兵庫」「素浪人 花山大吉」を日中、流しっぱなしにしている。 何回も観ているから、ストーリーは頭の中に入っている。

で、いまでは、脇役に注目している。この当時、女優さんには、ホントウにキレイな人が多かった。八代真矢子さん、色っぽいな~~、と思ってネットで検索したら、「マグマ大使」のマモルのお母さん(村上友子 役)。 で、さらに「プレイガール」とかいう番組でレギュラーだったらしいが、その画像は、ぜんぜん雰囲気が違うな~~

青柳美枝子さんという女優も色っぽい・・・で、気が付いたが、壇蜜になんとなく似ているような気がする。 いいな~~壇蜜

●で、子どもたちには「兵庫」『大吉」ともに評判は悪かった。「こわいよ~~」とか言って消させようとしていたが・・・
 そのうち、翔ちゃんが、「大吉」のファンになってしまった。チャンバラシーンが好きで、そのシーンをまねて、棒状のものを振り回すから困ったもんだ・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

●「明日のためのその1 ジャブ!」

Img_0018 ●インペリアルホテル(えーごで言うと帝国ホテル)でのマンガジャパン新年会。

ちばてつやセンセイに、昨年古本屋で買った、矢吹丈の色紙(直筆)を見ていただいた。センセイには記憶がないようだったが、サインは本物だし、まちがいなくホンモノだろう。

ただし、古本屋では、為書の上に値札を貼ってあったので気が付かなかったが、チキショー、為書があったんだよな~~。 で、センセイにそのことを言って、別の色紙をもらえないかと期待したが(笑)ダメだった・・・Img_4444

「ジョーが売り物にされているのが嫌で買ってしまいました」と伝えると、喜んでいただいただいた。もちろん、色紙が欲しかった(為書なしのもの)からだが、ジョーが売られて他人のものになるのが嫌だったのは、本心だ。

センセイも「いや~~、自分の作品が売られるのは、あまり気分がいいものではないですね」と。

今年もちばセンセイとお会いできてうれしかった。センセイ、いつまでもお元気で! 来年もお会いできるのを楽しみにしています!

| コメント (0) | トラックバック (0)

●釣りキチ三平の色紙ゲット~~~~!

Img_4465 ●毎年、恒例のマンガジャパン新年会に顔を出す~。仕事には、ほとんど関係なく、たんなる野次馬根性。なにより豪華お土産が目当て(笑

 

で、思惑通り、強運を活かして、矢口高雄センセイの釣りキチ三平の直筆色紙をゲット~~~。やったぜ!Img_0010

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

●ベリーダンス

Img_4355 ●ベリーダンサーをお招きしての新年会、というか新年会しては2月だから遅いか・・じゃ、世界で一番早い忘年会か・・・・・

みなさん、よいお年を・・・

●子どもたちが、大喜び。 とくに4歳の男の子も来ていたが、ダンサーがお気に入りで、まとわりついていたな・・・  あ~~子どもがうらやましい・・・

●女性社長が二人。それぞれの世界で大活躍中。 出版の希望があるとかで、その場で大手出版社の編集者を紹介する。 反応はよく、カタチになるかも・・・Img_4389

| コメント (0) | トラックバック (0)

●カツオ風味の本出し~~

  • Img_4342 ●最新刊が、新聞広告に出る。
  • 具体例満載の充実した本だ。古くは戦国大名、旧大日本帝国陸海軍、そして現在の企業・・・・  
  • 「孫子」くらい売れてくれないかな~~  年後半、遊んで暮らせるが・・・Img_4341

| コメント (0) | トラックバック (0)

●バリのアンティーク

Img_4339 ●バリで買ったアンティークの数々。こうして並べると、迫力があるというか、不気味ですらある。 ジャワの椅子は、30年ほど前のもので、アンティークというわけではないが・・・

●一番のお気に入りは、ロンボク島の、男女ペアの木像。 五穀豊穣を祈るというか、収穫祭のときに使うそうだ・・・

ほかにはボルネオの木像、そしてスンバの木像。

骨董商でも始めるかな~~カミさんが古物商のライセンスを持っているし、骨董市に出店するくらいなら、できるかな

| コメント (0) | トラックバック (0)

●竹島Tシャツ

Img_4335●TAKESHIMA JAPAN とデザインされたTシャツをゲット。これを身につけて、インチョン空港から成田まで、乗る。

別にケンカを売るつもりはなかった。が、そもそもTシャツのデザインなんぞ誰も見ていないせいか、とくにクレームをつけられることもなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »